シグマは、「世界最小・最軽量のレンズ交換式フルサイズミラーレス一眼、SIGMA fpを発表。ボディサイズは幅112.6ミリ、高さ69.9ミリ、奥行き45.3ミリ、重量は422グラム(カード、バッテリー込み)と、APS-Cミラーレス一眼並み。レンズはLマウントを採用している。

シグマ、世界最小・最軽量のフルサイズミラーレス一眼を2019年秋に発売

シグマは、「ポケッタブル・フルフレーム」をうたう世界最小・最軽量のレンズ交換式フルサイズミラーレス一眼、SIGMA fpを発表した。

ボディサイズは幅112.6ミリ、高さ69.9ミリ、奥行き45.3ミリ、重量は422グラム(カード、バッテリー込み)と、APS-Cミラーレス一眼並み。

そこに有効2460万画素の裏面照射型フルサイズセンサーを搭載することで、いつでも気兼ねなく撮れる軽快さと、さまざまなシステムに対応可能な柔軟性、高画質を実現した。

レンズは、ライカやパナソニックとアライアンスを組むLマウントを採用。
マウントコンバーターを使えば、シグマSAレンズやシグマ製キヤノンEFマウントを利用することができる。

発売は2019年秋以降を予定。価格は未定となっている。

シグマ
SIGMA fp

価格:未定

文/特選街編集部
※価格は記事作成時のものです。

This article is a sponsored article by
''.