8月も終わりが近づき、9月はもうすぐそこまで迫っています。秋の服装、そろそろ準備しなければと思っている人も多いのではないでしょうか。ブランドによっては秋物のリリースが始まっています。しかし実際、9月は残暑と初秋が入り交じりコーディネートが難しい季節。そこで本記事では、2019年の東京都と大阪府の最高気温・最低気温を調べ、その情報をもとに、おすすめのコーディネイトを紹介するので参考にしてください。

【東京・大阪】2019年9月の気温予想

画像: 【東京・大阪】2019年9月の気温予想

2019年9月の東京都、大阪府の予想気温は下記の通りです。

【東京】

時期最高気温最低気温
9月1日~9月10日28℃~31℃23℃~24℃
9月11日~9月19日25℃~28℃20℃~22℃
9月20日~9月30日24℃~27℃17℃~21℃

【大阪】

時期最高気温最低気温
9月1日~9月10日29℃~31℃22℃~26℃
9月11日~9月19日28℃~30℃22℃~24℃
9月20日~9月30日25℃~28℃17℃~20℃

(参照:「AccuWeather」https://www.accuweather.com/)

9月は季節の変わり目ということもあり1日の中で寒暖差があるシーズン。

体調を崩さないためにも最高気温と最低気温を把握したうえで服装を決めていきましょう。

【東京・大阪】9月上旬のおすすめの服装

9月上旬(1日~10日)の最高気温は、夏の暑い日とあまり変わりません。

28℃~31℃の間を推移するので、日中は半そでやポロシャツなど涼しい服装がおすすめです。

しかし、日が落ちると少し肌寒くなり、最低気温が20℃前半になることも。

手軽に持ち運べるカーディガンなど重ね着できるアイテムを用意しておきましょう。

【おすすめの服装】

  • 日中:半袖アイテムがおすすめ
  • 日が落ちてから:手軽に羽織れるもの
画像: 【東京・大阪】9月上旬のおすすめの服装

【東京・大阪】9月中旬のおすすめの服装

9月中旬(11日~19日)の最高気温・最低気温は、ともに9月上旬の気温と差がないのが特徴です。

しかし秋の始まりということもあり、半袖アイテムばかりを着ていては周囲と浮いてしまう可能性があります。

そこでおすすめしたいのが、長袖のTシャツや7分袖のシャツです。

素材もコットンなら気温に左右されないのでピッタリ。

暑いときは腕まくり、寒くなったらそのまま着用することで寒暖差にも対応できます。

【おすすめの服装】

  • 日中:長袖のTシャツや7分袖のシャツ
  • 日が落ちてから:カーディガンなどの羽織物
画像: 【東京・大阪】9月中旬のおすすめの服装

【東京・大阪】9月下旬のおすすめの服装

9月も下旬になってくると日中でも肌寒く感じる人が多くなります。

そんなときに半袖のアイテムはあまりおすすめできず、基本的には長袖シャツにハーフコート、カーディガンなどの服装が好ましいです。

しかし9月下旬は日中と日が落ちてからの寒暖差が激しくなる日もあります。

トレンチコートなどのロングコートも日によっては着用してみることをおすすめします。

【おすすめの服装】

  • 日中:シャツなどの長袖アイテム+羽織物
  • 日が落ちてから:ハーフコートやロングコート+半袖など
画像: 【東京・大阪】9月下旬のおすすめの服装

最終的な判断は個人差が出る

9月におすすめの服装を紹介してきましたが、どの気温を寒い・暑いと感じるかは個人差があります。

そのためにも手軽に持ち運べるカーディガンや、パッカブルタイプのような折り畳んでカバンにしれられる羽織物を用意しておきましょう。

手軽に秋服を用意するなら、低価格で品質のいいプチプラブランドもおすすめです。別記事で解説しているので参考にしてみてください。
(別記事:【ユニクロ・GU・無印良品】3大プチプラブランドを比較!おすすめの「買い」アイテムはコレだ

まとめ

今回は9月の東京と大阪の気温をもとにおすすめの服装について解説しました。

  • 9月上旬:日中は半袖メイン、日が落ちてからは羽織物も
  • 9月中旬:ロングTシャツなどがおすすめ
  • 9月下旬:ロングコートなども視野に

どの気温で暑さや寒さを感じるかは個人差がありますが、基本的には上記のステップで問題ありません。

夏に使っていた半袖や春に買ったスプリングコートも活用できるので、積極的に着用していきましょう。

◆平本良太
クレジットカードやキャッシュレス決済の最新情報に明るいWebライター。ファッションやグルメを中心にトレンド記事も手がける。

This article is a sponsored article by
''.