【iPad・タブレット】タッチペンで線を描くとズレが生じる原因は?ズレ無しでペン書き行う方法は?

知識

スマホやタブレット端末などの画面は、液晶パネルの上にガラス層をかぶせた2層構造。そのため、タッチペンで描いた線をガラス層越しに見ることになるためズレが生じる。最新のiPadで、アップル純正の『アップルペンシル』なら、ほとんどズレなしでペン書きが可能。筆圧や傾き検知機能を装備、描線のズレも補正する。よほど分厚くない限り保護フィルムを貼っても大丈夫だ。

あなたの疑問にズバリお答え!
タッチペンでiPadに書くと、ずれる!

読者から質問

私はタッチペンを使ってiPadでメモを取るのですが、感度が悪いのか、ペンを当てた部分と書かれた文字の位置がずれてしまいます。保護フィルムが厚いガラスフィルムだからでしょうか?(K.Kさん 福岡県 28歳)

専門家の回答

編集部:
この質問は、ガジェットライターの篠原義夫さんにお願いしましょう。

専門家:
通常、スマホやタブレット端末などの画面は、液晶パネルの上にガラス層をかぶせた2層構造になっています。そのため、タッチペンで描いた線をガラス層越しに見ることになるため、どうしてもズレが生じてしまいます。

こうしたズレを少しでも解消したいのなら、厚めのフィルムならいっそはがしてしまうか、できる限りペン先の細いタッチペンを利用するといいでしょう。もっとも、これでも画面の構造上、ズレをすべてなくすことはできません。

ただし、K.Kさんが最新のiPadを使っているのなら、話は別。その場合はアップル純正の『アップルペンシル』を使えば、ほとんどズレなしでペン書きを行えます。アップルペンシルは筆圧や傾き検知機能を備えており、描線のズレも補正してくれます。よほど分厚くない限りは、保護フィルムを貼っても大丈夫なはずですよ」

アップルペンシル(第2世代)は、iPadの側面に磁力で接続し、充電できる。

編集部:
了解しました。どうもありがとうございました!

知識
シェアする
特選街web編集部

1979年に創刊された老舗商品情報誌「特選街」(マキノ出版)を起源とし、のちにウェブマガジン「特選街web」として生活に役立つ商品情報を発信。2023年6月よりブティック社が運営を引き継ぎ、同年7月に新編集部でリスタート。

特選街web編集部をフォローする
特選街web

PR

大切な愛車を守る“最後の砦”!データシステム『カースティールブロッカー』で乗り逃げを阻止する!【盗難防止】[PR]
ひと昔前と比べれば減少傾向にはあるものの、依然として自動車盗難が各地で発生している。ここ数年の盗難被害台数は、1年間で5000台以上! なかでも、プリウス、ランクル、レクサスLX、アルファードなどのトヨタ車に盗難事例が集中している。大切な愛...

PRニュース