2019年10月1日よりキャッシュレス・消費者還元事業がスタートしました。すでに事業内容を理解している人の間では、「お得にキャッシュレス決済を利用できる」「増税されてもお得になる」と評判です。しかし中には、キャッシュレス・消費者還元事業の「何がお得か」がいまいちわからない人も多いはず。そこで本記事では、キャッシュレス・消費者還元事業のメリットを消費者目線で徹底解説します。そもそもキャッシュレス決済とは何なのかも合わせて紹介するので、キャッシュレス完全初心者も必見です。

キャッシュレス決済とは

画像: キャッシュレス決済とは

キャッシュレス決済と聞くと難しいイメージがありますが、基本的には現金払い以外の決済方法という認識で大丈夫です。

【キャッシュレス決済の具体例】 

  • クレジットカード:楽天カード、エポスカード、ヤフーカード
  • スマホ決済サービス:PayPay、楽天Pay
  • 電子マネー:Suica、ICOCA など

上記の具体例を参考にすると、楽天カードやヤフーカードもキャッシュレス決済に含まれており、普段から利用している人も多いと思います。つまり「キャッシュレス決済って何?」と身構える必要はなく、「現金払い以外の決済方法なんだ」というくらいの感覚でとらえてください。

キャッシュレス・消費者還元事業の概要

キャッシュレス・消費者還元事業とは、政府主導により行われるポイント還元事業のこと。
消費税が10%にアップした分をカバーする目的があり、キャッシュレス決済自体を普及させる狙いもあります。

基本的にキャッシュレス・消費者還元事業で覚えておくべきポイントは、対象店舗でキャッシュレス決済を利用するとポイント還元を受けられるということ。また、対象となるキャッシュレス決済は様々で、具体的には下記の通りです。

【対象のキャッシュレス決済】 

  • クレジットカード/デビットカード
  • 電子マネー
  • モバイル決済
  • QRコード

キャッシュレス・消費者還元事業のメリット

ここではキャッシュレス・消費者還元事業のメリットについて解説します。特にポイント還元は本事業の根幹になる重要ポイントなので必読です。

5%または2%のポイント還元 

画像: 5%または2%のポイント還元

キャッシュレス・消費者還元事業では、期間中に対象店舗でキャッシュレス決済を利用すると5%または2%のポイント還元を受けることができます。つまり増税分の2%をカバーできるだけでなく、5%の還元率の場合3%分お得になるということです。

【ポイント還元率】 

  • 中小・小規模事業者の場合:5%
  • フランチャイズやチェーン店の場合:2%

例えば個人経営の対象店舗店で10,000円分を支払う場合、キャッシュレス決済を利用すると下記の通りになります。

例)10,000円×5%=500ポイント分還元

しかもキャッシュレス・消費者還元事業によるポイント還元は、キャッシュレス決済自体のポイント還元には含まれません。どういうことかというと、クレジットカードやコード決済のポイント還元も別に発生するということです。例えば楽天カードで10,000円の支払なら下記の通りになります。

例)10,000円×1%(楽天カード分)+10,000円×5%(キャッシュレス・消費者還元事業分)=600ポイント分還元

現金払いと比較した場合圧倒的にキャッシュレス決済がお得になるので、キャッシュレス・消費者還元事業の期間中だけでも対象のキャッシュレス決済を利用するのがおすすめです。

現金払いよりも支払いがスピーディー 

画像: 現金払いよりも支払いがスピーディー

キャッシュレス・消費者還元事業というよりもキャッシュレス決済のメリットになりますが、現金払いよりもスピーディーにお会計が完了します。お釣りの計算などの手間が必要なく、店員も簡単な端末操作でキャッシュレス決済を操作できるからです。

また中には「キャッシュレス決済をあまり使わないから不安」という人もいると思います。しかし会計時は店員に指示に従えば問題ないので、ユーザー側はアプリやカードの利用準備さえ完了していれば大丈夫です。

まとめ

今回はキャッシュレス・消費者還元事業のメリットについて消費者目線で解説しました

【メリット】 

  • 5%または2%のポイント還元
  • 現金払いよりも支払いがスピーディー

最大のメリットは何といっても5%または2%のポイント還元です。事前申し込みといった面倒な作業が必要なく、対象店舗でキャッシュレス決済を利用するだけでポイント還元が受けられるのは魅力的。また現金払いよりもキャッシュレス決済は支払いがスピーディーなので、ストレスの少ないお会計にすることもできます。

ただキャッシュレス決済を利用するためにはクレジットカードを発行したり、コード決済のアプリをインストールしたりすることが必要です。今後キャッシュレス決済は日本国内でどんどん普及していくことが予想されるので、お得に始められる本事業の期間中に準備しておくことをおすすめします。

◆折本陽太
専門商社での営業を経てフリーライターに。マネー・ビジネス分野が専門。取材から執筆、編集も手掛ける。

This article is a sponsored article by
''.