ニュースなどでも名前をよく聞く「ふるさと納税」。しかし「結局何なのか分からない」「どうすれば得になるの?」と疑問に思っている人も多いはずです。そこで本記事では、ふるさと納税の概要からメリットまで徹底解説。またふるさと納税で損をしないための方法も紹介するので、ぜひ参考にしてください。

ふるさと納税とは

ふるさと納税とは、任意の金額を自治体に寄附することで、所得税や住民税が還元されたり控除されたりする制度のことです。「寄附をしたら税金面で得をする」とイメージしてください。

画像: ふるさと納税とは

また税金が控除されるほかにも、自治体ごとに用意された特産品や名産品を受け取ることができます。返礼品と呼ばれる本サービスには、高級なお肉などの普段はなかなか買えない商品もラインナップ。中には返礼品を目的にふるさと納税を行う人も多いです。

ふるさと納税制度の目的

通常税金は居住している地域に納めることになりますが、就職や引っ越しなどで地元(ふるさと)を離れる人はたくさんいます。つまり都会と地方の間で税収に格差が生まれてしまうのです。ふるさと納税を導入すれば、税金という形でふるさとに貢献できるということでスタートしました。

ふるさと納税のメリット

気になるふるさと納税のメリットですが、大きく分けて下記の3種類になります。

  1. 所得税と住民税が控除される
  2. 名産品や特産品がもらえる
  3. 寄附を通してふるさとを応援できる
画像: 名産品や特産品がももらえる!

名産品や特産品がももらえる!

所得税や住民税が控除される

ふるさと納税では応援したい好きな自治体に寄附をすることで所得税や住民税が控除されます。具体的には、寄附した金額から2,000円を除いた金額が控除の対象です。

つまりふるさと納税は節税対策にも効果があり、普段税金を納めている人には非常に魅力的な制度です。ただ専業主婦(夫)など税金を納めていない人は、控除する税金がなく節税効果がないので注意してください。

画像: 所得税や住民税が控除される

名産品や特産品がもらえる

ふるさと納税では、寄附額に応じたお礼の品を用意している自治体が多くあります。ふるさと納税の実質負担は2,000円なので、2,000円以上の商品が手に入れば、トータルで得をしている計算です。

また返礼品には日本各地の名産品が用意されており、お肉や魚介類などをはじめ、美容アイテムから工芸品までラインナップ。特に食料品は毎年人気で、和牛や地酒など、普段はあまり買わない商品も手に入ります。

【返礼品の例】

画像: 名産品や特産品がもらえる
  • 佐賀牛
  • 魚沼の地酒
  • 地鶏の手羽先
  • 老舗お肉屋の焼き豚 など

寄附を通してふるさとを応援できる

画像: 寄附を通してふるさとを応援できる

ふるさと納税の本来の目的は、地方と都市の税収バランスを整えることです。つまり「自治体に寄附をする=地方が潤う」と捉えることができ、寄附を通して地元を応援することができます。

またふるさと納税では、自治体が寄附金をどのように使うかといった使いみちの選択をすることも可能です。自分が寄附したお金の用途をはっきりさせることで「ふるさとを応援する」という気持ちを強く感じることができます。

ふるさと納税で損をしない方法

画像: ふるさと納税で損をしない方法

ふるさと納税で損をしたくない人は、「ふるさと納税サイト」がおすすめです。ふるさと納税サイトとは、名前の通り「ふるさと納税の返礼品がまとめてあるサイト」のこと。たくさんの返礼品がジャンルごとにラインナップされており、時間のない人でも手軽に内容をチェックできます。

またふるさと納税サイトでは、期間限定のキャンペーンを実施してケースも。現時点(2019/12/08)でおすすめできる例としては、ふるさと本舗のAmazonギフト券が挙げられるので、興味がある人は覚えておいてください。

まとめ

今回はふるさと納税について解説しました。お礼の品ばかり注目されがちですが、所得税・住民税の控除など、寄附をした人が得をするメリットはたくさんあります。

またふるさと納税を活用するには「ふるさと納税サイト」がおすすめ。返礼品がジャンル分けされて探しやすいサイトも多く、お得なキャンペーンを実施しているケースもあるので、小まめにチェックしているといいでしょう。

◆平本良太
クレジットカードやキャッシュレス決済の最新情報に明るいWebライター。ファッションやグルメを中心にトレンド記事も手がける。

This article is a sponsored article by
''.