instax(インスタックス) mini Linkは、スマホとブルートゥースで接続し、専用アプリの操作でプリントできる。54ミリ×86ミリのチェキ用フィルム(プリントサイズは46ミリ×62ミリ)を使う仕組みだ。インスタントカメラ「チェキ」からカメラを外したもの、と考えてもいい。

2020年版 スマートフォン選び方&使い方
スマホプリント

スマホの写真は即プリント! スマホ専用プリンターが便利!

スマホで撮った写真を手軽に印刷できるミニプリンターが続々登場している。

富士フイルムのinstax(インスタックス) mini Linkは、スマホとブルートゥースで接続し、専用アプリの操作でプリントできる。54ミリ×86ミリのチェキ用フィルム(プリントサイズは46ミリ×62ミリ)を使う仕組みだ。インスタントカメラ「チェキ」からカメラを外したもの、と考えてもいい。

出先でも気軽にスマホからプリント

富士フイルム
instax mini Link
実売価格例:1万4770円

画像: ●サイズ:90.3ミリ×34.6ミリ×124.5ミリ ●重さ:209グラム 10枚プリントできるカートリッジを装着して使用。フル充電で約100枚プリントできる。

●サイズ:90.3ミリ×34.6ミリ×124.5ミリ
●重さ:209グラム
10枚プリントできるカートリッジを装着して使用。フル充電で約100枚プリントできる。

画像: スマホにインストールした専用アプリを起動し、写真を選んでプリンターに転送。組み写真や、動画から選んだ1コマをプリントすることも可能。

スマホにインストールした専用アプリを起動し、写真を選んでプリンターに転送。組み写真や、動画から選んだ1コマをプリントすることも可能。

コダックは、P210(実売価格例1万3480円)を発売。昇華型熱転写方式を採用し、高画質プリントが売りだ。プリントサイズは54ミリ×86ミリ。

キヤノンからはPV-123(実売価格例1万3590円)が発売。重さ160グラムとコンパクトなのが特徴で、50ミリ×76ミリの専用紙にプリントできる。いずれも、旅行やパーティーなどで役立ちそうだ。

解説/村元正剛(ITライター)
※価格は記事作成時のものです。

This article is a sponsored article by
''.