聴きやすい音質で、ノイズキャンセルの効果も高い。ワイヤレス充電にも対応している。新型の充電ケースは、Qi規格対応でワイヤレス充電が可能。イヤホン単体で4.5時間、ケースとの併用で最大24時間使用できる。

今回のテストアイテムはこちら
アップル AirPods Pro

実売価格例:3万580円

●プロフィール
ノイズキャンセル機能に対応し、ワイヤレス充電機能付き充電ケースがセットになったAirPods(エアポッズ)の上位モデルだ。本体はIPX4相当の耐水性能を備え、スポーツ時でも安心。優れた性能をコンパクトなボディに結集した。

画像: ノイズキャンセル機能を搭載したAirPodsの上位モデル。先端にイヤチップを付けたタイプとなり、従来品よりも密閉性を高めている。

ノイズキャンセル機能を搭載したAirPodsの上位モデル。先端にイヤチップを付けたタイプとなり、従来品よりも密閉性を高めている。

SPEC
●通信機能/Bluetooth 5.0●耐汗耐水性能/IPX4●バッテリー/1回の充電で最大4.5時間の再生時間(アクティブノイズキャンセリングと外部音取り込みモードをオフにした場合は最大5時間)、5分間の充電で約1時間の再生時間●サイズ/本体:幅21.8㎜×高さ30.9㎜×厚さ24.0㎜、ケース:幅60.6㎜×高さ45.2㎜×厚さ21.7㎜●重量/本体:5.4g、ケース:45.6g

3サイズのイヤチップが用意される

イヤチップがセットになった点が、外観上の特徴である。3サイズのイヤチップが用意され、自分の耳に合わせて選択できる。密閉性を高めたことで、遮音性も向上している。

さらに、イヤホンの外側と内側にマイクを備えたノイズキャンセル機能は、外部の騒音の低減と内部での不要な音の除去に加え、音質の最適化も行う。実際に試してみると、エアコンなどの暗騒音はもちろん、自動車の走行音もかなり低減された。ノイズキャンセルの効果はかなりのものだ。

iPhoneの「コントロールセンター」(設定画面)でノイズキャンセル強度を調整できるが、最強の状態にすると、屋外では不安を感じるほど。閉塞感が強めで、違和感もある。強度は、初期値の中程度が、ノイズキャンセルの効果も十分で、聴き心地も自然なもの。後は、好みに合わせて加減するといい。外音取り込みも、長押し操作ですぐに切り替えられて便利だ。

装着感は軽快で、長時間装着していても疲れにくい。慣れないとすぐに外れそうな不安感もあるが、強めに頭を振っても外れるようなことはなく、ランニングなどでも安心して使えるだろう。

音切れも減り、楽器の音色も自然

混雑した駅の中などでは多少、音切れが起きたが、すぐに復帰したし、音切れ自体も減っていると感じた。

音質は、中音域の情報量が豊かで聴きやすいバランス。ボーカルもクリアに楽しめるし、各楽器の音色も自然な再現だ。音の広がりも良好で、開放的な音場になるのも好ましい。ただし、ビートの効いた音楽などでは低音のエネルギー感がやや物足りない面もあった。

ワイヤレス充電が可能になるなど、使い勝手も向上しており、より快適さを求める人におすすめだ。

■Qi対応でワイヤレス充電が可能

画像: 新型の充電ケースは、Qi規格対応で ワイヤレス充電が可能。イヤホン単体で4.5時間、ケースとの併用で最大24時間使用 できる。

新型の充電ケースは、Qi規格対応でワイヤレス充電が可能。イヤホン単体で4.5時間、ケースとの併用で最大24時間使用できる。

■独自チップ搭載で、ノイズのない音を実現

画像: 独自設計のドライバーの搭載に加え、独自のH1チップを採用。 優れたノイズキャンセル性能 をはじめ、ユーザーに最適化された音質を実現する。

独自設計のドライバーの搭載に加え、独自のH1チップを採用。優れたノイズキャンセル性能をはじめ、ユーザーに最適化された音質を実現する。

おすすめ度…A

聴きやすい音質で、ノイズキャンセルの効果も高い。ワイヤレス充電にも対応

ココが〇

ノイズキャンセルの効果は高く、強度も調整できるのは便利。装着感も軽快で、聴き疲れしにくい音質なので、快適に使える。

ココが✕

高機能なイヤホンだが、すべての機能を使うには、iOS端末を使う必要がある。非対応のブルートゥース機器では、使いにくい面もある。

※文中の「オススメ度」は、「A+」から「C-」までの9段階評価になっています。

文/鳥居一豊(AVライター)

This article is a sponsored article by
''.