同じスマホでも、iPhoneに比べてわかりにくいといわれるAndroid。ここで、端末の超基本的な扱い方から最新モデルの選び方まで、ビギナー向けにわかりやすく解説していきます。基本操作編「スマホのオン/オフの仕方」です。

疑問と悩み 基本操作編
Androidスマホの電源のオン/オフの仕方がわからない

Androidスマホを操作するうえで、まず、しっかり押さえておきたいのが、電源のオン/オフだ。

購入した直後はもちろん、電池切れ後の復帰や、映画館を利用する際、大事な会議のときなど、電源を切りたい場面は意外に多い。

とはいっても、電源のオン/オフの操作自体は電源ボタンを長押しするだけと、とても簡単だ。しかし、端末によって電源ボタンの位置が違うし、クリック感や長押しに必要な時間なども微妙に異なる。

最新のAndroidスマホは、物理的な操作ボタンは減少傾向にあるが、各種の端子類や音量調節ボタンなどと合わせて、電源ボタンの位置も確認しておこう。そのうえで長押し操作もしっかりマスターしておきたい。

画像1: 【スリープとの違いは?】Androidスマホの電源オン・オフの方法

Android端末の各部の名称を覚えておこう(ソニー・Xperia8の例)

画像1: 疑問と悩み 基本操作編 Androidスマホの電源のオン/オフの仕方がわからない

イヤホンジャック
メインカメラ
受話口/スピーカー
近接/明るさセンサー
サブカメラ
NFC/おサイフケータイ

microSD/SIM挿入口
音量ボタン
電源ボタン/指紋センサー
スピーカー
USB Type-C端子
送話口/マイク

画像2: 【スリープとの違いは?】Androidスマホの電源オン・オフの方法

電源をオフにする場合は電源ボタンを長押し、スリープは短く押す

電源を切る
電源を切る場合は、電源ボタンを長押しする。機種によっては、再起動のメニューもこの方法で呼び出すことができる。

画像2: 疑問と悩み 基本操作編 Androidスマホの電源のオン/オフの仕方がわからない

スリープ(一時休止)のオン/オフ
電源ボタンを軽く押して離すと、スリープモードに入る。再度軽く押して離すと、解除できる。

画像3: 疑問と悩み 基本操作編 Androidスマホの電源のオン/オフの仕方がわからない

◆解説/篠原義夫(ガジェットライター)

This article is a sponsored article by
''.