通常の銀行口座にはないメリットがある、ネットバンク(ネット銀行)。中でも「楽天銀行」は楽天サービスのユーザーから高い支持を得ています。しかし「いったい、楽天銀行の何がお得なのか」「どういったサービスなのか」いまいちわからない人も多いはずです、そこで本記事では、楽天銀行の代表的なメリットを簡潔に解説。合わせて、注意すべきデメリットも紹介するので、楽天銀行の利用を検討中の人は参考にしてください。

楽天銀行とは

楽天銀行とは、ネット通販大手の「楽天」が運営するネットバンク(ネット銀行)です。以前は「イーバンク銀行」と呼ばれる会社でしたが、楽天の子会社となることで、楽天銀行へと生まれ変わりました。

一般的な銀行と異なり、実店舗を持たないビジネスモデルなので、コストがかからない分、ATMの手数料が安かったり、金利が高かったりといった特徴があります。パソコンやスマートフォンから残高照会や明細を確認でき、振込なども対応しています。

また、最大の魅力は、何といっても「楽天サービス」との関連性が高い点。楽天カードや楽天証券などと併用することでポイントが貯まりやすくなり、他の大手銀行を利用するよりもお得になります。

楽天銀行のメリット

ここでは実際の楽天銀行のメリットについて解説します。特に楽天スーパーポイントについては意外と知らない人もいるので必見です。

ATM手数料が0円でお得

画像1: www.rakuten-bank.co.jp
www.rakuten-bank.co.jp

楽天銀行では、最大月7回までATM利用手数料が無料になります。具体的には「ハッピープログラム」に参加すると会員ステージが決定し、それぞれのステージに応じた無料回数が決まるといった仕組みです。

例えば、残高が100万円以上または取引が20件以上の場合はVIP会員となり、ATM手数料が月5回まで無料になります。また、他行振込手数料も会員ステージに応じて無料となり、気になる回数は最大月3回まで。

ハッピープログラムでは、他にも楽天スーパーポイントの獲得倍率が変わったり、ポイントで振込手数料を支払ったりといった特典も用意。公式サイトから「楽天会員の情報」と「楽天銀行の口座情報」を連携させるだけなので、絶対にエントリーしておきましょう。

楽天スーパーポイントが貯まる

楽天銀行には「ハッピープログラム」が用意されていると説明しましたが、実は、楽天スーパーポイントを貯めることもできます。例えば、振込や入金、楽天カードの口座振替や楽天バンク決済などが対象です。

また、ポイント還元率も会員ステージごとに変化するのが特徴で、残高が50万円以上あるプレミアム会員なら2倍になっています。他の銀行と比較しても非常にお得なサービスなので、普段から楽天サービスを利用している人におすすめです。

近くのコンビニATMで利用できる

画像2: www.rakuten-bank.co.jp
www.rakuten-bank.co.jp

楽天銀行は様々なATMと提携しています。具体的にはセブン銀行ATM、イオン銀行ATM、ゆうちょ銀行ATMといった代表的なものから、三菱UFJ銀行ATMやみずほ銀行ATMといった大手銀行にも対応。

「近所のコンビニでお金を引き出せない」といったトラブルの心配がありませんし、全国どこでも入金や出金ができます。経済的にお得に利用できるにもかかわらず、一般的な銀行口座と使い勝手は変わらないのも楽天銀行が持つ魅力です。

楽天銀行のデメリット

非常にお得な楽天銀行ですが、少しだけデメリットも存在します。ここでは、楽天銀行を利用するうえで、押さえておくべきポイントをまとめたので参考にしてください。

他のネットバンク(ネット銀行)よりも手数料が高い

月最大7枚までATM利用手数料が無料になる楽天銀行ですが、他のネットバンク(ネット銀行)には、さらにお得なサービスが存在します。例えば、イオン銀行ATMの場合、利用カードが「イオンカードセレクト」「キャッシュ+デビット」「イオンバンクカード」「ローン カード」の場合、手数料が終日無料です。

もちろんイオン銀行ではない他行ATMを利用すると手数料が発生しますが、月最大5回まで他行のATM入出金が無料になるといった、「ハッピープログラム」のようなサービスも。

楽天銀行には楽天スーパーポイントが貯まりやすい強力なメリットがあるものの、利用する前に普段のライフスタイルを考慮する方が賢明です。

残高によって出金手数料の無料回数が減る

画像: 残高によって出金手数料の無料回数が減る

「ハッピープログラム」は、残高に応じて会員ステージが決定するサービスなので、楽天銀行にお金を預けていない人にとってはメリットがありません。特に、ATMの出金手数料に関しては顕著で、残高が10万円以上しかない人は無料回数が月1枚までにとどまります。

楽天銀行の恩恵を最大限発揮するためには、最低でも残高50万円以上が目安となってくるので、基本的にはメインバンクとしての運用を前提にしましょう。

まとめ

今回は、楽天が運営するネットバンク(ネット銀行)の「楽天銀行」について解説しました。

最大の特徴は「ハッピープログラム」に参加できる点で、月最大7回までATM利用手数料が無料になったり、楽天スーパーポイントの獲得倍率が3倍になったりします。

ただ、他のネットバンク(ネット銀行)と比較して一長一短という面もあるのも事実です。普段から楽天サービスを利用するなら非常にお得なサービスなので、楽天カードなどを持っている人におすすめします。

◆平本良太
クレジットカードやキャッシュレス決済の最新情報に明るいWebライター。ファッションやグルメを中心にトレンド記事も手がける。

This article is a sponsored article by
''.