様々なシーンで採用されるようになったサブスクリプションサービス(以下サブスク)。中でも飲食系×サブスクは勢いを増しており、グルメに特化した様々な種類が展開されています。しかしサブスクを利用するユーザーからすれば、「どれを選んだらいいのか分かりづらい」というのも事実です。そこで本記事では、数ある飲食系のサブスクの中から、私がおすすめする4つのサービスを厳選して紹介します。ランチ系2種類、ドリンク系2種類の計4種類で幅広いユーザーにマッチするはずなので、1からサブスクを探すのが面倒な人はぜひ参考にしてください。

ランチ代を200円にできる「always LUNCH」

【注】2020年4月現在、新型コロナウイルス感染拡大防止を目的に、「always LUNCH」「always CAFE」「always BAR」のサービスが一時休止となっています。休止期間や再開時期などは、こちらをご参照ください。

画像: ランチ代を200円にできる「always LUNCH」

飲食店系のサブスクでまず押さえておきたいのが「always LUNCH」です。月額5,980円(税別)支払えば毎日1回ランチがタダになるサービスで、渋谷を中心に大阪、京都、福岡で展開しています。

月額5,980円と聞くと「少し高い」と思う人もいるかもしれませんが、1日当たりの食費を計算すればお得度は一目瞭然。1か月の間は毎日ランチが無料なので、お昼を5,980円÷30日=約200円に抑えることができます。

また「always LUNCH」を利用できる店舗も約50種類(東京)も用意されており、毎日違う種類のメニューを楽しむことも可能です。現時点(2020年2月10日)では渋谷近郊がメインになるものの、近くのオフィス勤務の人なら1回は試しておきたいサブスクになっています。

時間がない人におすすめの「POTLUCK(ポットラック)」

画像: 時間がない人におすすめの「POTLUCK(ポットラック)」

「お金も時間も、我慢しなくていい。」をコンセプトにサービスを展開している「POTLUCK(ポットラック)」は、手作りランチのテイクアウトができるサブスクです。基本プランは「1週間3食トライアル」「12食プラン」「毎日プラン」の3つで、具体的な料金プランは下記の通り。

【料金表】

プラン料金
3食トライアル1食590円
12食プラン1食590円
ランチ毎日プラン1食397円

「POTLUCK」の使い方は非常にシンプルで、前日の17時30分から当日朝10時30分までに予約し、後は指定した時間に店舗でメニューを受け取れるだけになっています。

テイクアウトと聞くと「クオリティは大丈夫?」と思うかもしれませんが、「POTLUCK」のメニュー事例を見ればわかる通り心配ありません。ポークカツカリー、鹿児島黒豚の生姜焼き定食、シェフの幕ノ内BOXなど、自炊のお弁当ではなかなか難しいランチを楽しめます。

対象店舗も渋谷や代官山、恵比寿といったエリアで展開しているので、幅広いユーザー層におすすめできます。「ランチはオフィスで済ましたい」「店舗で料理が出てくる時間がもったいない」と感じる人は、ぜひ手作りメニューが手軽にテイクアウトできる「POTLUCK」を試してみてください。

「always DRINK」ならドリンクが1杯100円以下

【注】2020年4月現在、新型コロナウイルス感染拡大防止を目的に、「always LUNCH」「always CAFE」「always BAR」のサービスが一時休止となっています。休止期間や再開時期などは、こちらをご参照ください。

画像: 「always DRINK」ならドリンクが1杯100円以下

「always DRINK」は「alwaysLUNCH」の飲み物バージョンのサブスクで、月額3,480円(税別)支払えば30分に1回ドリンクがタダになります。対象店舗で用意されているドリンク類はアルコールやソフトドリンクなど様々で、タピオカミルクティーもラインナップされており、「飲みたいメニューがない」という心配もありません。

ただ1点、「always DRINK」の仕組みは2020年3月1日(日)から変更されるので注意が必要です。具体的な変更点は下記の通りで、月額料金と利用可能回数がグレードダウンされます。

【変更点】

  • 3月1日より前:月額3,480円(税別)で、30分に1回無料
  • 3月1日から:月額4,980円(税別)で、1日に2回無料

しかし変更後も「always DRINK」のおすすめ度は同じで、4,980円÷30日÷2杯=100円以下でドリンクが楽しめます。

「always DRINK」も「alwaysLUNCH」と同様に渋谷のみの展開ですが、今後は利用エリアが拡大していく可能性が高いです。渋谷近郊に住んでいる人なら、学生や社会人を問わず活用できるサービスなのでおすすめします。

月額500円以下の「welnomi(ウェルノミ)」

画像: 月額500円以下の「welnomi(ウェルノミ)」

「welnomi(ウェルノミ)」とは月額500円(税別)で1日1杯ドリンクがタダになるサブスクです。「ワンコインで毎日乾杯!」というキャッチコピーを採用しており、異なる店舗であれば再度1日1杯無料になるハシゴが可能。例えばA店で「welnomi」を利用した後、2店舗目のB店で再度「welnomi」を利用することができます。

また「welnomi」のすごいポイントは加盟店数で、都内を中心に1,100店舗以上が対象。利用方法もスマホ1台で非常に手軽なので、操作方法が分からなくて困ることもありません。

ビール1杯の料金で毎日1杯ドリンクがタダになることを考えると、コストパフォーマンスが他のサブスクとは一線を画しています。「とにかくお酒が好き」という人や、今まで訪れる機会のなかったお店と出会いたい人に「welnomi」はおすすめです。

まとめ

今回は飲食店系のサブスクの中から、ランチを2種類、ドリンクを2種類紹介しました。どれも幅広いユーザーが満足できるサービスなので、とりあえず試してみてみるのもおすすめです。

またサブスクはライフスタイルに溶け込ませることで真価を発揮します。自分の日常生活に何が活かせるのかを考えながら、「これだ!」というサブスクを利用してみてください。

◆平本良太
クレジットカードやキャッシュレス決済の最新情報に明るいWebライター。ファッションやグルメを中心にトレンド記事も手がける。

This article is a sponsored article by
''.