大手キャリアのスマホを使っている場合、各社が提供する公衆無線LANサービスを利用できる。
そのほか、450以上のWi-Fiサービスを一元管理可能な神アプリ「Japan Wi-Fi auto-connect」、高品質かつ安全なWi-Fi通信が可能「ギガぞうWi-Fi」なども知っておくと便利だ。

大手キャリアの公衆無線LANは申し込みやアプリが必要な場合も!

大手キャリアのスマホを使っている場合、各社が提供する公衆無線LANサービスを利用できる。
ドコモは「docomo Wi-Fi」というサービスを提供しており、旧プランの契約者は無料で利用できる。「ギガホ」などの新プラン契約者は6月30日までキャンペーンで無料。その後、無料で利用できる新たなサービスが提供されることが予告されている。

なお、「docomo Wi-Fi」のSSIDには「0000docomo」と「0001docomo」の二つがある。後者は設定不要で自動で接続されるSIM認証に対応しているが、前者に接続するには、ドコモが提供するアプリなどでの認証が必要になる。

ドコモとauはSIM認証に対応

画像: ▲ドコモは申し込みが必要

▲ドコモは申し込みが必要

auのスマホは「au Wi-Fi SPOT」を利用できる。「au_Wi-Fi2」のSSIDの場合、ほとんどの機種はSIM認証によって自動で接続されるが、それ以外のSSIDにつなぐには「au Wi-Fi接続ツール」アプリが必要となる。

画像: ▲auはSSIDで異なる

▲auはSSIDで異なる

ソフトバンクは「ソフトバンクWi-Fiスポット」を提供。iPhoneの場合は「一括設定」プロファイルをインストールすることで利用可能になる。Androidの場合は、「Wi-Fiスポット設定」アプリが必要だ。

画像: ▲ソフトバンクはアプリを用意

▲ソフトバンクはアプリを用意

キャリアの公衆無線LANサービス一覧

運営会社サービス名申し込み料金
NTTドコモdocomo
Wi-Fi
必要ドコモの旧プランユーザーは永年無料、
ギガホ等の新プラン利用者は2020年6月30日まで無料(※)
契約スマホ以外の端末も月額330円で利用可能。
auau Wi-Fi SPOT不要月額利用料は無料。パソコンなど、手持ちの機器
での利用は月額330円が必要。
ソフトバンクソフトバンク
Wi-Fiスポット
不要指定のパケットプラン加入者は月額利用料が無料
(一部機種は2年間のみ)。
※ドコモでは、7月1日以降、dポイントクラブ会員向けに、新たな無料Wi-Fiサービスを提供すると予告している。

公衆無線LANをまとめて無料で管理してくれるアプリが便利!

コンビニやカフェ、駅や空港など、無料でWi-Fiに接続できる公衆無線LANサービスはたくさんある。しかし、そのつど、メールアドレスを入力するなどして、利用登録を行うのはめんどうだ。

そんな手間が不要で、簡単に無料Wi-Fiに接続できるのが、「Japan Wi-Fi auto-connect」というアプリだ。インストールしたアプリを起動してユーザー登録を行えば、すぐに使い始められる。現在地から近いWi-Fiを探すことができ、Wi-Fiに接続できる場所に着いたら通知も届く。

一度接続したWi-Fiには、次回以降は自動で接続される。再接続したくない場合は、そのサービスへの接続を切ることも可能だ。
全国450以上の公衆無線LANサービスに対応しているので、無料のWi-Fiサービスが提供されていない格安スマホユーザーや、大手キャリアのユーザーでデータ容量を節約したい人は、インストールしておくといいだろう。

450以上のWi-Fiサービスを一元管理可能な神アプリ

NTTBP
Japan Wi-Fi auto-connect
無料

Android▶コチラから

iOS▶コチラから

現在地の地図を表示して、近くにあるWi-Fiスポットを検索することが可能。タップすると、そのWi-Fiスポットの接続条件を確認できる。

画像1: 公衆無線LANをまとめて無料で管理してくれるアプリが便利!

接続中のWi-Fiスポットもわかる。スポットの一覧で、オンにしたサービスには自動接続される。

画像2: 公衆無線LANをまとめて無料で管理してくれるアプリが便利!

通信品質を重視したい人には、有料の公衆無線LANサービス「ギガぞうWi-Fi」がおすすめだ。月額200円で、国内10万以上の店や施設などでWi-Fiに接続でき、大手キャリアの公衆無線LANよりも高速で通信できる場所が多いようだ。データを暗号化して送受信できるVPNに対応していることも強み。外出先で仕事のデータをやり取りしたい場合や、ネットショッピングしたい場合にも安心だ。

月額200円で高品質かつ安全なWi-Fi通信が可能

ワイヤ・アンド・ワイヤレス
ギガぞうWi-Fi
アプリは無料。サービスは月額200円

https://apps.apple.com/JP/app/id1296143623?mt=8

Android▶コチラから

iOS▶コチラから

対応のWi-Fiスポットには自動で接続される。スマホ1台で使う「スマホ専用プラン」は月額200円だが、5台まで接続できる「スタンダードプラン」(月額500円)もある。

画像3: 公衆無線LANをまとめて無料で管理してくれるアプリが便利!

「セキュリティ強化(VPN)」をオンにすると、通常よりも安全度が高まる。

画像4: 公衆無線LANをまとめて無料で管理してくれるアプリが便利!

主な公衆無線LANサービスの一覧

運営会社サービス名申し込み料金
セブン&アイ
ホールディングス
セブンスポット必要セブン-イレブン、イトーヨーカドーなどのセブン&アイホール
ディングスで展開。1日最大60分3回まで。ブラウザーのほか、
「セブン‐イレブンアプリ」など各社のアプリから利用可能。
ローソンLAWSON
Free Wi-Fi
不要全国のローソンで1回60分、1日5回まで利用可能。ブラウザーから、
初回のみメールアドレスを入力して利用する(アドレスは1年間有効)
ファミリー
マート
Famima_Wi-Fi必要全国のファミリーマートで、ブラウザー(1日最大20分3回まで)
または「ファミリーマート Wi-Fi簡単ログイン」アプリ(1日最大60分
3回まで)から利用可能。
スターバックスat_STARBUCKS
_Wi2
不要全国のスターバックスで1回1時間まで利用可能(一部店舗を除く)。
ブラウザーから利用。

※価格は記事作成時のものです。

◆解説/村元正剛(ITライター)

This article is a sponsored article by
''.