「LINE Pay」(スマホ決済)は2020年6月末まで「キャッシュレス・消費者還元事業」の対象だ。対象の小売店・飲食店では5%、コンビニや外食チェーンでは2%の割引が適用される。ここでは、「ウォレット」の画面から「LINE Payをはじめる」をタップし、利用登録する方法などをわかりやすく解説する。

LINE Payを使ってみたいが、どうすればいい?

LINEは、「LINE Pay」というスマホ決済サービスを提供していて、LINEアプリで利用できる。「ウォレット」の画面で「LINE Payをはじめる」をタップするだけで、利用登録画面に導かれる。

実際に決済で使うには、お金をチャージ(入金)する必要がある。チャージの方法は複数あるが、銀行口座を登録しておけば、スマホの画面操作で口座からチャージできるので便利だ。

「LINE Pay」は簡単に始めることができる

画像1: 【ラインペイとは】使い方は簡単?割引はいつまである?

LINEアプリの「ウォレット」の画面で「LINE Payをはじめる」をタップすると、登録手続きが可能。

画像2: 【ラインペイとは】使い方は簡単?割引はいつまである?

銀行口座を登録しておけば、スマホの画面操作だけでチャージが可能。

ほかに現金でのチャージもできる。

自分が口座を持っている銀行が対応していない場合や、口座を登録したくない場合は、コンビニでのチャージが便利。セブン-イレブンに設置されているセブン銀行のATMを使えば、現金でのチャージが可能。

また、ファミリーマートに設置されている「Famiポート」で申し込んで、レジで支払ってチャージすることもできる。LINE Payは送金にも対応しているので、「友だち」から送金してもらうことも可能だ。

LINE Payで買い物する方法が知りたい

LINE Pay」での支払い方法には二とおりある。一つはバーコードやQRコードを読み取ってもらう方法。「LINE」アプリを起動して、「ウォレット」画面の「コード支払い」をタップ、次に表示される画面をお店の人に見せるだけ。その画面をお店の人にスキャナーで読み取ってもらえば支払い完了だ。後は確認画面が表示されるので、間違いがなければ「閉じる」をタップしよう。

もう一つは、お店に設置されたQRコードを読み取って支払う方法だ。「ウォレット」画面の「コードリーダー」をタップして、QRコードをスキャン。その後、金額を入力して、「支払う」をタップ。さらに確認画面が出るので、もう一度タップすると完了する。

店でコードを読み取ってもらう方法

画像3: 【ラインペイとは】使い方は簡単?割引はいつまである?

ウォレット」画面で「LINE Payコード」を表示させて、お店の人に読み取ってもらうだけで支払える。

画像4: 【ラインペイとは】使い方は簡単?割引はいつまである?

決済が完了すると、左画像のような確認画面が表示される

利用額に応じて、LINEで使えるポイントも付与される。

なお、「LINE Pay」などのスマホ決済は2020年6月末まで「キャッシュレス・消費者還元事業」の対象になる。対象の小売店・飲食店では5%、コンビニや外食チェーンでは2%の割引が適用される。

※本記事の解説画面は、特に記載のあるもの以外は基本的にiPhoneの画面を掲載しています。

解説/村元正剛(ITライター)、今西絢美(ライター)

This article is a sponsored article by
''.