スマホカメラで動画をオート撮影すると、画面全体の色が急に変わったり、戻ったりといったことが起こりがち。Androidなら、標準カメラアプリのWB(ホワイトバランス)を固定しておくといい。iPhoneは、WB調整機能が標準では用意されていないので、動画アプリ「MAVIS(マビス)などを使って安定した動画を楽しもう。

目指せ!〝SNS映え〟
スマホ写真術 動画撮影

ポイント
ホワイトバランスが変わりやすいなら、設定を固定

最新スマホカメラの場合、静止画であれば、標準アプリのオートモードを使えば、美しく調整されて撮影できる。

だが動画の場合、オートで撮影すると、画面全体の色が急に変わったり、戻ったりといったことが起こりがち。特に、画面全体が青白っぽくなって、すぐまた元に戻るという現象は、多くの人が経験しているだろう。

こんな場合、Androidスマホの多くは、標準カメラアプリのWB(ホワイトバランス)を固定しておけば、最初から最後まで同じ雰囲気の動画が撮影できる。

iPhoneの場合は、WB調整機能が標準では用意されていないので、「MAVIS(マビス)などの動画アプリを使ってWBを固定し、安定した動画を楽しみたい。

例えば、曇天時は寒々しい雰囲気に変化しがちだが、「曇り」などに固定すれば、顔などの発色も改善される。

アプリの設定でホワイトバランスを選択する

動画撮影でのホワイトバランスは、オートではうまくいかない場合がある。「WB」などのアイコンをタップして、状況に合った設定に固定するといい。

画像: 目指せ! 〝SNS映え〟 スマホ写真術 動画撮影

「曇り」に固定したら、温かい雰囲気の再現に

左下の撮影時は曇りだったが、オートのままでは、ときどき寒々しい感じに変化してしまった。

アプリでホワイトバランスを「曇り」に固定したら、人肌も艶が出て明るくなった。

■iPhone XS Maxで撮影

画像: Before

Before

画像: After

After

「MAVIS(マビス)」
iPhone

■解説/吉村 永(カメラマン)モデル/八嶋夏世(ソレイユ)

This article is a sponsored article by
''.