エクセル&ワード便利ワザ大全「エクセル」編。一覧表を作るだけでなく、文書作成やデータベースなど、幅広い用途に使われている定番中の定番アプリ。ここではキーボードだけでサクッとファイルを保存する方法を紹介しよう。

時短ワザ
「F12」キーで、従来より速く「名前を付けて保存」できる

作業中のファイルを保存するとき、マウスで画面上部の「ファイル」メニューから操作を選ぶより、キーボードのショートカットキーを使うほうが速いことはよく知られている。

「上書き保存」なら[Ctrl]+[S]、「名前を付けて保存」なら[Shift」+[Ctrl]+[S]を押せばいい。

しかし、最近のオフィスソフトはキーボード上部の[F12]を押すだけで即座に「名前を付けて保存」の画面が出るようになっている。

マイクロソフト以外のアプリでも同様に[F12]で保存画面を呼び出せるものがある。なお、「上書き保存」のときは、従来どおり[Ctrl]+[S]を使うといい。

F12
作業中に[F12]を押すだけで即座に「名前を付けて保存」の画面が出る。

画像: 時短ワザ 「F12」キーで、従来より速く「名前を付けて保存」できる

Ctrl+S
いったん名前を付けて保存したファイルは[Ctrl]+[S]で上書き保存できる。

■解説/下島 朗 [エントラータ]

This article is a sponsored article by
''.