すでにWi-Fi 6(11ax)搭載のスマホやパソコンが登場している。Wi-Fi 6は、理論上の最高速度が古いルーターとは桁違いである。さらに、Wi-Fi 6対応ルーターも手ごろな価格のモデルがある。NEC「Aterm WX6000HP」のように10Gbps対応の有線LANを搭載したモデルも登場している。

Wi-Fiとネットの疑問と悩み
今使っているWi-Fiルーターは古いけど、買い替えが必要?

古いWi-Fiルーターと新しいパソコンの組み合わせだと、Wi-Fiルーターが原因で通信速度がロスしている可能性がある。

これは、パソコンに搭載されている新しいWi-Fi規格に、Wi-Fiルーターが対応できていないことが原因。

また、同じ11ac対応のWi-Fiルーターでも、新旧の製品ではアンテナ搭載数や通信帯域の幅などに差があり、実際の通信速度に違いが出る。

目安として、Wi-Fiルーターが4〜5年前の製品ならば、買い替えを考えてもいいだろう。

最新ルーターは基本性能が違う

すでにWi-Fi 6(11ax)搭載のスマホやパソコンが登場している。Wi-Fi 6は、理論上の最高速度が古いルーターとは桁違いである。

画像: ■ 最新ルーターは基本性能が違う

今、買うならば、Wi-Fi規格はWi-Fi6(11ax)に対応したものがいい。まだWi-Fi6対応パソコンを持っていなくても、次に買うパソコンやスマホは対応しているはずだ。

Wi-Fi6対応ルーターがねらいめ

Wi-Fi 6対応ルーターも、手ごろな価格のモデルがあり、選択肢は豊富だ。NECのように、10Gbps対応の有線LANを搭載したモデルも登場している。

NEC
Aterm WX6000HP
実売価格例:3万7910円

画像1: ■ Wi-Fi6対応ルーターがねらいめ

ASUS
RT-AX3000
実売価格例:1万6077円

画像2: ■ Wi-Fi6対応ルーターがねらいめ

解説/福多利夫(フリーライター)

This article is a sponsored article by
''.