ネット犯罪の被害に遭わないためには、メール中のリンクは安易にクリックしないことが大切だ。もし、リンクをクリックしてサイトやウインドウ、メッセージなどが表示されても慌てないことだ。内容は一切無視し、画面を閉じてしまおう。自ら個人情報を入力しない限り、情報を盗まれることはまずない。

Windowsのセキュリティの疑問と悩み
怪しいメールに載っているリンクをクリックしてしまった!

銀行やカード会社を装うなど、フィッシングやウイルスメールの手口はますます巧妙化している。ネット犯罪の被害に遭わないためには、メール中のリンクは安易にクリックしないことが肝要だ。

怪しいメールのリンクはクリック厳禁!

フィッシングメールは、言葉巧みにユーザーにリンクをクリックさせようとする。彼らの手口には乗らないように注意しよう。

画像: ■ 怪しいメールのリンクはクリック厳禁!

しかし、いくら気をつけていても、時にはうっかりリンクをクリックしてしまうこともあるだろう。もし、サイトやウインドウ、メッセージなどが表示されても、ここで慌てる必要はない。

内容は一切無視し、画面を閉じてしまうことが大事だ。犯罪者が手に入れたいのは、ユーザーの個人情報であり、こうした情報さえ入力しなければ、大きな被害に遭うことはまずないといっていいだろう。

万が一、リンクを開いても慌てない!

サイトやウインドウが開いても、内容は無視して閉じること。自ら個人情報を入力しない限り、情報を盗まれることはまずない

画像: ■ 万が一、リンクを開いても慌てない!

そして、マルウエア感染の可能性も考慮して、セキュリティアプリを使って、ウイルススキャンも行っておくといいだろう。

解説/篠原義夫(ガジェットライター)

This article is a sponsored article by
''.