エクセルの時短ワザとして、キーボードだけでサクッと入力する方法を紹介する。「ショートカットキー」を使うと簡単にエクセル標準の方式で日付や時刻のデータが入る。「Ctrl」と「;」を同時に押すと今日の日付がセルに表示される。「Ctrl」と「:」なら今の時刻が自動入力が可能で便利だ。

時短ワザ
今日の日付や今の作業時刻を一発で入力する

後でデータを活用する際にも有効な入力方式

見積書や請求書、日報や報告書など、日付や時刻が入った文書をエクセルで作る機会は多い。キーボードで入力してもいいが、もっと楽なやり方がある。

ショートカットキーを使う方法だ。この方法で入力しておくと、エクセル標準の方式で日付や時刻のデータが入るので、後で西暦を和暦に変えて表示したり、開始時間と終了時間から作業時間を自動的に計算したりすることもできる。

日付や時刻を記入したいセルを選択する。

画像: ❶ 日付や時刻を記入したいセルを選択する。

Ctrl+
「Ctrl」と「;」を同時に押すと自動的に今日の日付が入力される。

画像: 「 Ctrl + ; 」 ❷ 「Ctrl」と「;」を同時に押すと自動的に今日の日付が入力される。

Ctrl+
「Ctrl」と「:」を同時に押すと自動的に今の時刻が入力される。

画像: 「 Ctrl + : 」 ❸ 「Ctrl」と「:」を同時に押すと自動的に今の時刻が入力される。

なお、「ホーム」画面の「数値」欄で日付や時刻の表示方式を変更できるが、その場合も数値は元データの状態で残っている。

■解説/下島 朗 [エントラータ]

This article is a sponsored article by
''.