話題の5Gだが、普通に歩いていたら偶然電波をつかむということはまずない。各社が公開しているエリアへ行き、ようやくつながるレベルだ。今回エリア内で計測した結果(ドコモとソフトバンクは「AQUOS R5G」、auは「Galaxy S20 5G」)、同じ地点の4Gよりも数倍から10倍程度速い速度を記録。5Gスマホの今後に期待したい。

今回計測した機種

ドコモ・ソフトバンク
AQUOS R5G

画像: ドコモ・ソフトバンク AQUOS R5G

au
Galaxy S20 5G

画像: au Galaxy S20 5G

5Gスマホでダウンロード速度を試してみた!

鳴り物入りでスタートした5Gだが、実は2020年4月時点でのエリアは極めて限定的。
3社とも、「エリア」というより、「スポット」に近い状況だ。5G端末を持って、普通に歩いていたら偶然電波をつかむということはまずない。

各社が公開しているエリア一覧を見て、自ら5Gを探しに行くことで、ようやくつながるレベルだ。今の4G並みにつながるようになるには、まだまだ時間がかかる。

一方で、つながってしまえば、今はユーザーも少なく、スピードは速い。

例えばドコモの場合、「ドコモショップ丸の内」(東京都千代田区)の前で電波をつかんだときに速度(東京都中央区)で、それぞれ300Mbps超を記録した。

理論値には届いていないが、基地局からの距離などがあることを考えれば十分高速で、今後に期待できる。

ドコモで約1Gbpsの高速を記録

ドコモとソフトバンクはAQUOS R5G、auはGalaxy S20 5Gで計測。同じ地点の4Gよりも数倍から10倍程度速い速度を記録した。

画像: ● ドコモで約1Gbpsの高速を記録

■解説/石野純也( ジャーナリスト)

This article is a sponsored article by
''.