これまで筋トレの情報を発信するのは、筋肉がムキムキになった人がほとんどでした。しかし、多くの女性はそうなることを望んでいません。筋トレでたるみを解消して、おなかや太ももを細くし、メリハリのあるボディラインを作りたいのです。【解説】とがわ愛(『はじめてのやせ筋トレ』著者)

解説者のプロフィール

画像: 解説者のプロフィール

とがわ愛(とがわ・あい)

1993年生まれ。根っからのインドア派。ダイエットも続かなかったが、筋トレに目覚め、5ヵ月で10㎏のダイエットに成功。ボディメイクの楽しさを知り、ツイッターでそのメソッドを発信したところ、分かりやすいイラスト解説で、瞬く間に9万フォロワーを超え、現在では13万人に。姿勢や筋肉のことを調べるのが趣味。著書『はじめてのやせ筋トレ』(KADOKAWA)は、50万部突破の大ベストセラー。twitter:@togawa_ai

確実に体が変わり楽しくなってくる

私の人生は、筋トレで変わりました。

もともと私はポッチャリ体形でした。「太っている」というほどではないものの、下着が背中に食い込んだり、パンツのウエストに肉がのったりしていたのです。

しかも、とにかく家の中にいることが好きだったので、体を動かす機会がほとんどありませんでした。そのため、血液の巡りが悪く、手足がとても冷えて、むくみにも悩まされていました。

そんな私が筋トレを始めたのは、3年前。今の旦那さんに出会ったのがきっかけでした。細くて身長が高い彼の隣にいると、私が膨張して見えるのが、ものすごく気になったのです。

彼の隣にいても、恥ずかしくない体になりたい!」と強く思い、ダイエットを決意。インターネットでいろんな情報を調べたり、いろいろなダイエット本を読みあさったりした結果、たどり着いたのが、筋トレです。

ちょうど筋トレが流行り始めていた頃でしたし、家でもできるので、インドア派の私にぴったりだと思ったのも、始める後押しとなりました。

実際に筋トレを始めると、すぐに変化が実感できました。体調がよくなり、体がポカポカに温まって、冷えやむくみも改善してきたのです。そして、5ヵ月後には10kgの減量に成功! ウエストは10cm以上も細くなったのです。

筋トレを始めたころは、本当につらく感じましたが、続けていくと、少しずつらくになってきます。そして、確実に体が変わってくるので、楽しくなってきます。

もっとカッコいい体を作るにはどんな筋トレがいいか──。研究を重ね、どんどんはまっていきました。

そしてこうした体験を基に、筋トレのやり方をイラストにして、ツイッターで紹介することにしたのです。

すると、それまでは300~400人だったフォロワーが、一気に2万人にまで増加! その後も、フォロワーの方々から寄せられた質問に答えるなどしていたら、さらに増えて、現在では13万人になりました。

その流れで、昨年1月に『はじめてのやせ筋トレ』(KADOKAWA)も出版させていただきました。それをきっかけに、テレビ番組などにも出演するようになり、本は、おかげさまで50万部を突破するベストセラーに!

本当に「筋トレで人生一変」です。まさかこんなことになるとは……と、自分が一番驚いています。

取り組みやすくて効果の高い筋トレを厳選

これまで、筋トレについての情報を発信するのは、ガチガチに鍛えて筋肉がムキムキになった人がほとんどでした。

しかし、多くの女性はそうなることを望んでいません。筋トレでたるみを解消して、おなかや太ももを細くし、メリハリのあるきれいなボディラインを作りたいのです。

ですから、私は、初心者でも安心して取り組めて、ムキムキにならず、引き締め効果が出やすいように考えた筋トレをご紹介しています。

それが、皆さんにここまで支持していただけている理由かな、と思っています。

ではここで、皆さんにお勧めの筋トレ「ヒップリフト」をご紹介しましょう。やりやすくて、効果もバッチリありますから、ぜひやってみてくださいね。

あおむけになり、ひざを立て、両足は腰幅に広げます。お尻に力を入れながら、ゆっくりと持ち上げます。このとき、かかとに体重を乗せて、お尻を意識しましょう。お尻を高く上げる必要はありません。そして、ゆっくりとお尻を下げます。

寝た状態で、テレビを見ながらでもできる筋トレですが、大殿筋というお尻の筋肉と、ハムストリングスという太ももの裏側の筋肉が、しっかり鍛えられます。続けていくと姿勢がよくなり、歩くのもらくになりますよ。

画像: イラストと解説/とがわ愛 『はじめてのやせ筋トレ』(KADOKAWA)より

イラストと解説/とがわ愛
『はじめてのやせ筋トレ』(KADOKAWA)より

自分に自信がついて毎日が輝く!

「いきなり筋トレはちょっと」という方は、まずはストレッチから始めてみませんか?

特にお勧めなのは、背筋のストレッチです。胸の前で両手を組んで、ゆっくりとひじを伸ばしながら両手を前に押し出して、背中を丸めていきましょう。この状態で3~4回呼吸をして、背中の広がりを感じてください。ストレートネックや、ネコ背の改善にもいいですよ。

体を動かす機会が少ない人は、いろんな部位の筋肉が硬くなっています。ですから、ストレッチで筋肉をほぐすだけでも、体が軽く感じられるはず。

体が動かしやすくなると、「この前は、この運動はできなかったけど、今日はできた」ということが増えてきます。

それを少しずつ積み重ねて、運動の強度を無理なく上げていけばいいのです。これは、筋トレを長続きさせるための秘訣でもあります。

ぜひこれを機に、筋トレを始めてみてください。効果に、年齢は関係ありません。筋肉はいくつになっても増えることが分かっているからです。

今思えば、筋トレを始める前の私は、なんとなく自分に自信が持てず、鏡で自分の姿を見て落ち込むこともありました。

でも、筋トレで理想の体になれたら、自分に自信がついて、毎日がキラキラ輝いてきたのです。

私は筋トレで変われました。皆さんも、絶対変われます! 

※この記事は『安心』2020年5月号に掲載されています。

This article is a sponsored article by
''.