テレワークの増加で、ウェブカメラは品薄状態が続いている。そこで、手持ちのスマホをウェブカメラとして利用しよう。Windowsなら、「iVCam(アイブイカム)」の専用ドライバーをインストールし、スマホとWi-FiまたはUSBで接続。Macなら「EpocCam(エポックカム)」がおすすめだ。

ウェブカメラを使うよりも高画質

スマホのカメラをパソコンのウエブカメラとして活用しよう

パソコンでオンラインミーティングに参加する際、自分を映すためのカメラが必要になるが、パソコンにカメラが搭載されていない場合はウェブカメラを用意しなくてはならない。しかし、テレワークの増加により、現在、ウェブカメラは品薄状態が続いている。

そこで検討すべきなのが、スマホをウェブカメラとして使う方法だ。

Windowsの場合、「iVCam(アイブイカム)」というアプリが便利。iPhone、Androidのどちらにも対応しており、パソコンに専用ドライバーをインストールし、スマホとWi-FiまたはUSBで接続することで、ウェブカメラとして使える。

高画質なスマホのカメラ機能が生かせる

iVCam
提供元:e2eSoft
iPhone Android Windows

「iVCam」は、スマホのフロントカメラとリアカメラの切り替えや、画質、音質の選択など設定可能な項目が豊富。ただし、Macには非対応だ。

画像1: ● 高画質なスマホのカメラ機能が生かせる

Macの場合は「EpocCam(エポックカム)」がおすすめ。Macにドライバーをインストールし、スマホがMacと同じWi-Fiネットワークに接続されていれば、カメラとして認識される。

EpocCam
提供元:Kinoni Oy
iPhone Android Windows Mac

Macにも対応する「EpocCam」は、パソコンにドライバーを入れておけば自動的に認識される。下の画面は「Skype」用として設定したところ。

画像2: ● 高画質なスマホのカメラ機能が生かせる

解説/村元正剛(ITライター)

This article is a sponsored article by
''.