ドラム式洗濯機、スチーム掃除機、食洗機。この3つの共通点はお湯を使うところです。コロナ禍下では清潔・衛生が求められるのでこの3つの家電が注目されています。しかし、食洗機は今一つ普及が伸びません。その理由は日本のキッチン事情にあります。食洗機を置くことができなかった家庭でも導入のハードルをグンと下げたのがシロカの食洗機「SS-M151」です。

食洗機が便利なのに普及しない理由とは

お湯を使った方がいい家事は、いろいろあります。洗濯、掃除、食器洗い。特にコロナ禍下の今は、清潔、衛生が求められています。今までの延長線ではなく、どちらかと言うと、安心して生活するためにも新しい導入が必要です。そう考えると、お湯が使える洗濯機「ドラム式洗濯機」、お湯で皿を洗う「食洗機」、それに加えスチームで掃除する「スチーム掃除機」は、コロナ時代の御三家家電とも言うべきかも知れません。

先ほどあげた3つの家電の中で、普及していないのは、食洗機でしょう。これは日本のキッチンの狭さにも由来します。団地ができた時に、台所はシステムキッチンが入れられるのですが、その当時考えられていたのは、冷蔵庫と炊飯器。要するに、電子レンジは置き場がありませんし、コーヒーメーカーもそう、フードプロセッサーは収める場所どころか、使う場所すらありません。食洗機もそうですね。

画像: 食洗機が便利なのに普及しない理由とは

食洗機の導入を阻む「設置」問題

それは今でも続いており、便利なのに収まりが悪いキッチン家電とも言えます。では、逆にどうすると使える可能性が出てくるのでしょうか? シロカの食洗機「SS-M151」で食洗機の設置をレポートしてみたいと思います。

食洗機の設置には3つの方法があります。1つ目はビルトイン。作り付けというやつです。最大の特徴は、サイズです。と言っても間口は、45cmもしくは60cmでなければ、システムキッチンに収納しにくいので、そのサイズですが、底が深い。システムキッチンの扉一つ分です。このため、食器もですが、フライパンなどを入れて洗うこともできます。これは実に楽で、食洗機を使い慣れた人は、ぜひこうありたいと思う家電です。

ではそれ以外の2つは何かというと、外付けで水供給を自動で行えるものと、外付けで水供給を自分で行うものです。前者は、水道をいじってもらい、水を供給できるようにしてもらうのですが、お金がかかるのと、使っている水道パーツによってはできない場合があります。

そうした時には、内部に水タンクを持つ外付けの食洗機が使われます。スィッチ一つでとはいきませんが、逆に排水さえできるなら、どこでも使えるメリットがあります。シロカ 食洗機「SS-M151」は、このタイプです。このタイプは水道と直結しても使えるので、一番汎用性が高いかもしれません。

画像: www.siroca.co.jp
www.siroca.co.jp

シロカの食洗機「SS-M151」のメリット

画像: www.amazon.co.jp
www.amazon.co.jp

水は、どの位必要なのか?

必要な水は約5L。上の口から流し込みます。私は、500mlの計量カップを使っています。理由は特にないのですが、10回以上は面倒くさいですし、大きいと設置の関係でちょっと使えないからです。そして手近で使えるのがこれだっただけです。

電源をオンにして、水を入れるとタンクが一杯になった時点で、「ピピピピピ」と音がします。つまり、どんなものでも水を注ぐことさえできれば良いということです。余分な水は排出されます。考えずに済むので、この「ピピピピピピ」結構便利です。

そうは言っても、毎回水の少なさにはびっくりします。シロカのアピールによると、通常の手洗いだと35Lだとか。1日1回で30L差。月当たり900L差。0.9立方メートル。1立方メートルの水道水は、呼び径によっても違うのですが、200円〜400円黒になるというわけです。

一番のメリットは「洗い上がり」の良さ

時短云々という前に、洗い上がりの白さにまずは感動します。白い部分がキュッキュッと鳴るコマーシャルが以前ありましたが、まぁ見事な白さです。

これは2つの理由があります。1つはお湯洗い。しかも人が洗うわけではないので、高温のお湯が使えます。汚れの落ち自体が違ってくるのです。

もう一つの理由は、専用洗剤であること。手洗いの場合は、人の肌を守るため、基本中性です。アルカリ性にすると汚れは落ちるのですが、それでは肌が、すごーく傷みます。ところが機械なので、そんな心配は不要です。

このため、実にピカピカになって出てきます。嬉しかったのは、普段遣いのガラスコップ。取れなかった汚れもきれいに取れて、嬉しい限り。

お湯で洗うときれいにもなるのですが、衛生的でもあります。高熱、アルカリ性と菌などのタンパク質を侵しますので、ダメージなどを与えることができます。

時短、時短とよく言いますが、このレベルに手洗いするとなったら、お湯も水もふんだんに使うことになるので、時間もお金もかかります。自分の普通よりいい仕事をしてくれるのですから、実に役立ちます。

メンテナンスはしっかり行おう

さて食洗機は、パイプなどを守るために、食事カスなどはしっかり取るためのフィルターを装備しています。ここにいろいろなものがトラップされます。このフィルター、掃除しないと臭います。そうりゃそうですよね。風通し悪く、高温、水分、栄養ありは、どうしてもばい菌が繁殖しやすいのですから。ここのメンテさえしっかりすれば問題ないと言えると思います。

まとめ

コロナ禍下で食洗機のメリットは大きい

この夏、世界はコロナ禍下。そんな時に感じるのが、「熱」のメリットです。そう、清潔から衛生へレベルを上げられるものはあげた方が良い、私はそう感じています。今、生活基盤はいろいろな意味で脆弱になっています。しかし家が衛生だと、かなり違います。

また、子どもの相手をする時間も増えます。

食洗機、試すなら今と思います。

そんな中、シロカは、調理器具、大皿などは無理ですが、他のものならさっさとキレイにしてくれます。そして、それは、排水は必要ですが、水道の有無を問いません。お金がない人でも、本体購入、次は水道設置とステップアップも可能です。

本体価格、5〜6万円(税抜)の家電ですが、おすすめ家電の一つです。

画像: 【シロカ】工事不要の外付け食洗機「SS-M151」を使ってみてわかったおすすめポイント3つ(汚れ落ちの良さ・時短・節水)
食器洗い乾燥機 + 食洗器用洗剤2個付き 食洗器 工事不要 シロカ siroca ホワイト SS-M151 コンパクト 小さい おしゃれ タイマー付き 分岐水栓 タンク式 食器 除菌 節水 節約 皿洗い 食器点数16点 洗剤 フィニッシュ【クーポン対象商品】
商品説明SS-M151 説明・仕様★ すぐに使える、食器洗い乾燥機・初めての食洗機という方でも水道工事が必要なく、届いたその日から使えます。もちろん後からでも分岐水栓に切り替えが可能なので、まずはすぐに使いたいという方に便利です。・買い換えですでに分岐水栓があるという方も、そのまますぐにご使用頂けます。★ 節水約30リットル・1度の皿洗いにかかる水が、シロカの食洗機を使えばなんと、約30リットルも節水できます。しかも手で洗うよりキレイに。皿洗いにかかけていた時間分、自分の時間も増えて、エコ・キレイ・自由に。※約40℃のお湯10Lでつけ置き洗い後、洗剤を使用し毎分6Lで食器1点を13.5秒...
¥ 54,780
2020-08-07 22:21

◆多賀一晃(生活家電.com主宰)
企画とユーザーを繋ぐ商品企画コンサルティング「ポップアップ・プランニング・オフィス」代表。米・食味鑑定士の資格を所有。大手メーカーでオーディオ・ビデオ関連の開発に携わる。趣味は東京散歩とラーメンの食べ歩き。

This article is a sponsored article by
''.