10万円以上する高級炊飯器。おいしいごはんが炊けるのは魅力だけど、敷居が高くてなかなか手が出せない人も多いのでは。日立の圧力&スチームIHジャー炊飯器「ふっくら御膳」(RZ-W100DM)は、高級炊飯器の中でも、比較的安くて求めやすい価格のカジュアルな一台。使いやすくて、嬉しい特徴がいっぱいなんです。誕生日会や遠足のお弁当作りなど、イベントごとの多いママたちも必見です!

日立の炊飯器「ふっくら御膳」とは?

高級炊飯器って、ちょっと緊張しませんか? 風格があって、内釜も見るからに高級そうで、いろんな機能がついていて。憧れるけど、使いこなせるか…という心配もあります。日立の「ふっくら御膳」(RZ-W100DM)も高級モデルですが、実際に私がしばらく使ってみたところ、とてもカジュアルでつきあいやすい炊飯器だと感じました。しかも、使うごとに「これ、世のママ達にいいのでは?」という発見が。どこがいいのか、紹介していきましょう!

画像: ふっくら御膳 RZ-W100DM kadenfan.hitachi.co.jp

ふっくら御膳 RZ-W100DM

kadenfan.hitachi.co.jp

おいしさの秘密は「外硬内軟」

京の米老舗「八代目儀兵衛」が味の監修

まずはおいしさ。行列ができる京の米老舗「八代目儀兵衛」が味の監修をしていて、自宅で料亭の技を楽しめるんです。製品発表会で八代目儀兵衛の調理長さんに私が話を聞いたところ「100点の出来です」と言うほどの自信作。実際、「ふっくら御膳」で炊いたご飯は、外側はしっかり粒立っていて、中は柔らかく甘みがあり、上品でとってもおいしいんです! これは「外硬内軟(がいこうないなん)」といって、理想的な炊き上がりのひとつなんだとか。

画像: 多くの食通が認める銘店「八代目儀兵衛」の味を再現 kadenfan.hitachi.co.jp

多くの食通が認める銘店「八代目儀兵衛」の味を再現

kadenfan.hitachi.co.jp
画像: 粒の輪郭と甘みが際立つ「外硬内軟」の炊き上がり(筆者撮影)

粒の輪郭と甘みが際立つ「外硬内軟」の炊き上がり(筆者撮影)

「ふっくら御膳」には、八代目儀兵衛が、「理想のごはん」を炊き上げるために確立したオリジナルのノウハウがインプットされています。だからボタンひとつで、極上のご飯が炊けるんですね。

画像: 「浸し」「加熱」 「蒸らし」の3つをにこだわっておいしさを追求した kadenfan.hitachi.co.jp

「浸し」「加熱」 「蒸らし」の3つをにこだわっておいしさを追求した

kadenfan.hitachi.co.jp

使い方は簡単

取扱説明書を見ずに直感的に使える

シンプル操作で、使い方はとても簡単。初めて我が家で使ったときも、取り扱い説明書を見ずにスイスイ操作ができました。例えば、無洗米や玄米など、炊くお米の種類を選びたいときは「お米」ボタン、炊込みごはんやおかゆなどコースを選びたいときは「コース」ボタンなど、なにをしたいかでボタンを選べばOK。直感的に操作できてスムーズに使えました。

画像: シンプル操作で直感的に使える。外硬内軟のご飯を炊くときは「極上」ボタンを押せばOK

シンプル操作で直感的に使える。外硬内軟のご飯を炊くときは「極上」ボタンを押せばOK

値段の張る高級炊飯器は、「コシヒカリ」や「ゆめぴりか」など品種ごとに最適な加熱ができたり、自分好みに細かい炊き分けができたりしますが、その分操作も複雑になります。その点、ふっくら御膳の炊き分けは、「ふつう」「しゃっきり」「もちもち」の3種類とシンプル。

◆ふつう
粘りや甘みを引き出したいとき

◆しゃっきり
カレー、チャーハン向き

◆もちもち
弁当やおにぎり、冷めてから食べるごはんに

…というふうに使い分けができます。
ご飯の炊き分けにそこまでこだわりはないけど、しっかりおいしいごはんは食べたい。「ふっくら御膳」は、そんな人にぴったり。「せっかくすごい炊き分け機能がついてるのに使いこなせてない!」とプレッシャーを感じることもなく、のびのびと使えます。

実際に使ってみた感想は?

「すし飯専用コース」が便利!

「家族みんなで一緒に食卓を囲んで、楽しんでごはんを食べていただきたい」という思いから搭載されたという「極上すしめしコース」。これがまぁ、粒立った「外硬内軟」のごはんによく合うんです! 聞けば、酢と合わせたときに最高の状態になるように、水分と粘りを抑えた炊き上がりに設定してるのだとか。そのおかげで、シャバつかず、粒立ち感があって、中はもちもちというすごくおいしい酢飯が作れました。

買ってきたお刺身と一緒に食卓に出したところ、子供たちのテンション爆上がり。酢飯というだけで一気にお寿司屋さんっぽくなり、スペシャル感が出ます。子供のお誕生日やひな祭り、ちょっとしたお祝いごとなど、大活躍すること間違いなしです。

画像: 酢飯ひとつで、いつものお刺身もごちそう感がアップ

酢飯ひとつで、いつものお刺身もごちそう感がアップ

画像: 子供は自分で握り寿司を作成

子供は自分で握り寿司を作成

画像: 面倒なときは海鮮丼に。酢飯がおいしいと、お刺身もよりおいしく感じられる

面倒なときは海鮮丼に。酢飯がおいしいと、お刺身もよりおいしく感じられる

炊飯中に蒸気が出ない!

炊飯時に蒸気が出ない「蒸気レスタイプ」なので、置き場所を選ばず、引き出し式のラックなどにも設置できるのが特長。蒸気で壁紙や家具が痛まないのも嬉しいですね。また、蒸気が出ないため、ごはんを炊くときの「匂い」もありません。妊娠中でつわりの時期、ご飯を炊く匂いが辛い人は積極的に選びたいところです。誤って蒸気を触る心配がないので、小さなお子さんやペットのいるご家庭でも、安心して使えます。

画像: 蒸気が出ないので家具を傷めないほか、部屋の結露を防ぐ効果も kadenfan.hitachi.co.jp

蒸気が出ないので家具を傷めないほか、部屋の結露を防ぐ効果も

kadenfan.hitachi.co.jp

長く保温してもパサつかない!

炊飯時に外に出なかった蒸気は、内側に溜められて、保温のときに使われるしくみです。6〜7時間ごとにスチームを噴射するので、長時間保存しても乾燥せず、おいしさが維持できるんです。これなら、うっかりご飯を入れっぱなしにしておいても大丈夫。おいしく保温できる時間は、なんと40時間。その日の夜8時に炊いたご飯が、2日後のお昼までおいしく食べれる計算です。

画像: 蓋の内側に溜めておいた水分をスチームにして送り込むことで、ごはんを長時間しっとり保つ kadenfan.hitachi.co.jp

蓋の内側に溜めておいた水分をスチームにして送り込むことで、ごはんを長時間しっとり保つ

kadenfan.hitachi.co.jp

内釜が軽い!

高級機は、厚みがあって重い内釜を使っている製品が多いですが、「ふっくら御膳」の内釜は軽いのが特徴。お米を研ぐときも内釜を洗うときも、すごく手軽に扱えます。実はこれ、大きなポイントなんです。毎日使うものだから、こういうところのチェックもしておきましょう。ちなみに内釜は、6年間の保証付き。フッ素加工のはがれにも対応してくれます。

画像: 790gと軽量なので、片手でラクに持てる

790gと軽量なので、片手でラクに持てる

シンプルでおしゃれなデザイン!

ボディは、上品で質感のあるマットブラック仕上げ。シンプルで落ち着きがあり、場所を選ばず調和するデザインは、グッドデザイン賞に輝いています。タイル張りのキッチンや木目調の棚、アルミのラックなど、どんなところに置いても映えそう。こんなおしゃれな炊飯器がキッチンにあったら、毎日の食事作りも楽しくなりそうです。

画像: 【炊飯器のおすすめ】比較的安くてコスパ抜群!日立の「ふっくら御膳」は蒸気レスで使いやすいと評判!
日立 圧力&スチームIH炊飯ジャー(5.5合炊き) ふっくら御膳 フロストブラック RZ-W100DM-K
炊飯容量:0.09~1.0L(0.5~5.5合)
内釜:大火力 沸騰鉄釜(2.3mm)
消費電力:1,400W(炊飯時)
省エネ基準達成率:103%
省エネ目標年度:2008年度
¥63,799
2020-10-18 22:08

注意したいこと

使っている中で少し気になったのが、内釜の水位線の情報が少ないこと。「2.5合」と「3.5合」と「4.5合」がなく、炊こうとしたとき少し困りました。メーカーに問い合わせたところ「水位線の文字が見えにくいというお客様の声から、なるべく水位線の文字を大きく、見やすくするために、間の合数の表示は省略しております」とのこと。2.5合や3.5合で炊くときは、目分量で炊く必要があります。

画像: 2.5合と3.5合と4.5合を省略(左上)。数字は大きくて見やすい

2.5合と3.5合と4.5合を省略(左上)。数字は大きくて見やすい

また、蒸気レス用のパーツが蓋部分についているため、洗うパーツが通常より2点ほど多くなります。シンプルなパーツなので洗いづらさはありませんが、面倒に感じる人は覚えておきましょう。

画像: 蒸気レス用のパーツ「蒸気キャップ」

蒸気レス用のパーツ「蒸気キャップ」

画像: ごはんにスチームを吹きかけるときに使う「オートスチーマープレート」

ごはんにスチームを吹きかけるときに使う「オートスチーマープレート」

まとめ

お茶碗1杯分の少量ごはんもおいしく炊ける

料亭の味が手軽に楽しめて、使い勝手もいい「ふっくら御膳」。さらに「少量炊飯」モードでは、お茶碗1杯分の少量ごはんもおいしく炊けるんです。子供たちが巣立って夫婦だけの生活になったときも、おいしい食卓を支えてくれますよ。

This article is a sponsored article by
''.