この記事では、評判のコンビニ惣菜を実際に食べた感想をレポートしていきます。今回は、ローソンの「イベリコベジョータの旨煮」をレビュー。実食した人からも、「まさにイベリコ豚の王様! お肉がとってもジューシーだね」などと賞賛されている一品です。同商品の基本情報や、実際に食べた際の個人的な感想や評価もまとめました。ぜひ参考にしてみてください。

評価者のプロフィール

画像: 評価者のプロフィール

休日はアウトドアにいそしむ一方で、平日の暇な時間は最新グッズのチェックに夢中。大学卒業後は編集プロダクションで勤務し、30歳を機に独立した。主にモノ系・レビュー系の記事を得意としているが、食レポのし過ぎで太ってきた気がする。

ローソンの“ベジョータ”はクオリティーがハンパない…

突然ですが、読者のみなさまは“ベジョータ”と呼ばれるお肉をご存じでしょうか? イベリコ豚の中でも最高ランクとされており、上品な味わいを楽しめるそうです。そこで今回は、2020年10月6日に登場したローソンの「イベリコベジョータの旨煮」348円(税込)をご紹介。濃厚な豚の風味が人気を博し、ネット上では「赤身と脂身の割合が絶妙…。風味や見た目も完璧すぎる…」「ご飯が何杯も食べられる味つけ! 美味しすぎてリピートしてます」といったコメントが寄せられていました。それでは、肝心の味つけを徹底レビューしていきます。

画像: ローソンの“ベジョータ”はクオリティーがハンパない…

最高ランクのイベリコ豚・ベジョータに注目

パッケージに生姜焼きのようなイラストがプリントされた同商品。さっそく電子レンジで温めてみたところ、醤油のこうばしい香りが漂ってきました。1袋当たりの内容量は95gと少なめですが、食卓の一品としては丁度良いかも。ちなみに電子レンジだけでなく、湯せんで温めてもOKです。

画像1: 最高ランクのイベリコ豚・ベジョータに注目

薄くスライスされたベジョータは、思っていた以上に脂身が多い印象。醤油やみりんなどで作られたタレは、肉の脂もしっかりと溶けこんでいます。見た目や香りに食欲を刺激されたものの、果たして肝心のお味は…?

画像2: 最高ランクのイベリコ豚・ベジョータに注目

いざ実食してみると、ベジョータの旨味が口の中を満たしました。赤身の部分に繊維が残っているので、食べごたえはバツグン。甘辛いタレとも見事にマッチし、驚くほど濃厚な味わいです。

画像3: 最高ランクのイベリコ豚・ベジョータに注目

お次は、ジューシーな脂身に注目していきましょう。咀嚼するたびに肉汁が広がり、独特な臭みも一切ありません。しかし、脂がかなり多いので食べ続けていると少し重たく感じます…。実食する際は、ご飯やお酒と一緒に食べるのがおすすめですよ。

画像: タレに肉の旨味と脂を閉じこめた「イベリコベジョータの旨煮」

タレに肉の旨味と脂を閉じこめた「イベリコベジョータの旨煮」

豚肉の旨味を思う存分堪能できる同商品。サラダやインスタントみそ汁と組み合わせれば、ご飯がさらに進むはず。またベジョータが使用されていますが、お値段が348円(税込)とリーズナブルなところも高ポイントですね。

実際に購入者した人からも大好評のようで、「絶品のベジョータを手頃な価格で楽しめる。コンビニメニューの中でもかなり優秀」「味つけはもちろん、コスパも最高。個人的にはマヨネーズをトッピングして味変するのもGOOD!」などの声が上がっています。肉系のおかずを探している人は、ぜひ「イベリコベジョータの旨煮」を味わってみてください。

◆文・撮影=植松英明(編集ライター)
※価格や情報は記事作成時のものです。

This article is a sponsored article by
''.