あなたはAmazonギフトカードを使ったことはありますか?ちょっとしたお買い物やアプリ購入などで使ったことがある人も多いのではないでしょうか。Amazonギフト券は種類が豊富で、なんと全部で10種類もあります。この記事では、様々なシーン別の使い分けや、個人利用の際のちょっとお得な購入方法までご紹介していきます。

そもそもAmazonギフト券とは?

Amazonギフト券とは、Amazonで買い物をするときに使える金券のこと。ギフト券に設定された金額を、ギフト券に印字されているコードを使って自分のAmazonIDにチャージすることで利用できるようになります。

画像: Amazonギフト券とは、Amazonで買い物をするときに使える金券のこと

Amazonギフト券とは、Amazonで買い物をするときに使える金券のこと

チャージした金額はAmazonで買い物をするときに利用できます。残高内の額ならお金を一切支払わずに購入できます。また、残額以上の額を購入する際は差額をクレジットカードやコンビニ払いと併用して利用することができます。

Amazonギフト券は10種類!

Amazonのギフト券は全部で10種類あります。全種類をさくっとご紹介します。

e-mailタイプ

画像1: www.amazon.co.jp
www.amazon.co.jp

e-mailで相手にギフト券を送付することができるタイプです。Amazonから届くメール内にコードが記載されています。

印刷タイプ

自分でプリンターを利用して紙に印刷するタイプです。印刷した紙をプレゼントしたい相手に渡すことができます。

チャージタイプ

自分のIDに直接IDをチャージするタイプです。

現金でのチャージでポイントが最大2.5%もらえるキャンペーンが開催されていることが多く、いちばんお得な購入方法といえるかもしれません。自分用に利用される場合が多いです。

商品券タイプ

画像2: www.amazon.co.jp
www.amazon.co.jp

お米券やデパートの商品券のようにチケットになっているタイプです。紙の商品券とそれが入れられる封筒がセットになっています。そのままプレゼントに利用できます。

カードタイプ

画像: Amazonギフト券は、AmazonIDに残高をチャージすることで利用できる(写真はイメージ/Adobe stock)

Amazonギフト券は、AmazonIDに残高をチャージすることで利用できる(写真はイメージ/Adobe stock)

iTunesカードのようにカードの形をしたタイプです。コンビニや家電量販店で購入が可能なため、「今すぐほしい!」というときに重宝します。

ボックスタイプ

画像3: www.amazon.co.jp
www.amazon.co.jp

上記のカードタイプがプレゼント用のボックスに入れられたタイプです。ボックスにはダンボール素材のボックスと、缶のボックスがあります。どちらも種類が豊富でシーンに合わせたセレクトが可能。

封筒タイプ

画像4: www.amazon.co.jp
www.amazon.co.jp

封筒の中にカードタイプが入っています。通常サイズの封筒とミニサイズの封筒の2種類があります。封筒には種類がありますので用途に応じた柄を選ぶことができます。

グリーティングカードタイプ

画像5: www.amazon.co.jp
www.amazon.co.jp

グリーティングカードにカードタイプがセットになったものです。クリスマス用や出産祝い用など、シーンに合わせたグリーティングカードが用意されています。年末にはお年玉タイプも発売されます。グリーティングカード代もギフト券代に込みなため、別にカードを購入するよりお得です。

マルチパックタイプ

画像6: www.amazon.co.jp
www.amazon.co.jp

商品券タイプやカードタイプが10枚セットになったタイプのことです。10枚同じ柄が同封されています。1枚ずつバラバラに選ぶことはできません。

シートタイプ

レシートにギフト用のコードが印字されたタイプです。シートタイプはセブンイレブン・ファミリーマート・ローソン・ミニストップにて購入が可能です。

Amazonギフト券のシーンごとのおすすめ

10種類のAmazonギフト券のラインナップを確認しましたが、「じゃあいったいいつどれを買えばいいの?」という疑問を抱いている方のために、おすすめの使い方をご紹介していきましょう。せっかくなので、その時々のシチュエーションに合わせて使い分けたいものですね。

画像: Amazonギフト券は種類によってさまざまな特徴がある

Amazonギフト券は種類によってさまざまな特徴がある

ビジネスの場でのプレゼントに

ビジネスの場では商品券タイプがおすすめ。一見するとデパートなどの商品券や旅行券と同じように見えるため、取引相手や会社内でのイベントなど仕事を通じて活用することができます。

また、封筒タイプとマルチパックタイプも同じ理由でビジネスの場面に向いています。ビジネス利用で封筒タイプを使うときは、シンプルな封筒を選ぶようにしましょう。

個人的なプレゼントに

ボックスタイプは箱が可愛らしくプレゼントにおすすめです。

また、グリーティングカードタイプもさまざまなシーンに合わせた柄を選ぶことができます。出産やクリスマスなどシーンに合わせたカードを選ぶことで、年間を通してプレゼントに利用することができます。

自分用に

自分用には、チャージタイプが一押しです。その理由は、チャージタイプが一番お得に購入できる可能性が高いからです。

ギフト券を現金でチャージすると、通常会員は最大2%、プライム会員は最大2.5%のポイントが貯まるキャンペーンがしばしば実施されています。普通に購入するよりお得なキャンペーンですので、見かけた際には利用するようにしましょう。筆者もプライムデーやタイムセールの前には必ずこの方法でチャージするようにしています。

Amazonギフト券の買い方

Amazonのサイトで購入します。購入方法はAmazonで商品を購入するときと変わりません。ほしいギフト券をカートに入れ、支払方法を選択しましょう。カードタイプとシートタイプは一部家電量販店やコンビニでも購入が可能です。

Amazonギフト券の使い方

ギフト券に書かれているコードを自分のAmazonアカウントにチャージして利用します。

画像: アカウントサービスから「Amazonギフト券」をクリック

アカウントサービスから「Amazonギフト券」をクリック

Amazonのホームページ内でアカウントサービスを開き、「ギフト券の残高」をクリックします。その後「Amazonギフト券(チャージタイプ)をチャージする」「Amazonギフト券を登録する」と表示がされますので、チャージタイプは上を、それ以外のタイプは下をクリックします。

画像: 簡単にギフト券を登録できます。

簡単にギフト券を登録できます。

その後ギフト券に記載されているコードを入力してチャージします。コードはギフト券内に英数字で表されています。

チャージ後はいつも通りAmazonで物やサービスを購入すればOK。支払方法をAmazonギフト券に設定すると残高からお金が引かれていく仕組みです。

残高が少なくなったときは、再びギフト券を購入して再チャージすれば残高と合算して使用することができます。

まとめ

Amazonギフト券とは、Amazonでの買い物で利用できる商品券のようなもの。AmazonIDに残高をチャージすることで利用できるようになります。

ギフト券には種類があり、贈るシーンに合わせた形のギフト券をAmazonのサイトで購入することができます。すぐに現物がほしい場合は、コンビニでもカードタイプを購入することが可能です。

自分用にギフト券を購入するときはチャージタイプがおすすめ。支払方法によって追加でポイントをゲットすることができますよ。

This article is a sponsored article by
''.