新型コロナ禍でディスク用のクリーニングスプレーを使う機会も増えた。同じような成分(アルコール)を使っている除菌スプレーは、CDやDVDのクリーニングスプレーの代用になるのだろうか。読者からの質問に、専門家がわかりやすく解説してくれた。

消毒用の除菌スプレーはCDなどにも使える?

読者からの質問

新型コロナ禍で、自宅にてCDやDVDを鑑賞することが増えました。ディスク用のクリーニングスプレーを使う機会も増えましたが、同じような成分(アルコール)を使っている除菌スプレーは、CDやDVDのクリーニングスプレーの代用になりますか?(I.Iさん 栃木県 79歳)

編集部:

この質問は、フリーライターの福多利夫さんに聞きましょう。

専門家の回答

専門家:

「そういう工夫、私も好きです。市販されているCD・DVDクリーナー液(クリーニングスプレー)の成分を調べてみると、アルコールと界面活性剤というパターンが多いようですね。アルコールではないものの、アルコールに近い溶剤(イソパラフィン系溶剤)を採用している製品もあるようです。アルコールが含まれているという点では、CD・DVDクリーナー液と除菌スプレーは共通していますね。

CD・DVDクリーナー液がディスクをクリーニングする仕組みは、アルコールや界面活性剤で、ディスク表面の汚れや油膜を溶かして浮かし、それをクロスで拭き取るということです。これと同じことが除菌スプレーでできて、かつCD・DVDの盤面に悪い影響が出なければいいわけです」

編集部:

うまく行きますかね?

専門家:

「CD・DVDクリーナー液のアルコール濃度がわからないのはいったん無視して、除菌スプレーにアルコール以外に何が入っているかが問題ですね。除菌スプレーがアルコールと水だけでできていればいいですが、肌を保護するローションの類が入っていると、ディスクの表面にローションがコーティングされてしまうので、クリーニングとしては逆効果ですね。

そして、除菌スプレーのアルコール濃度が気になります。除菌スプレーのアルコール濃度は50~80%程度だと思いますが、これはCD・DVDクリーナー液より高濃度なのではないかと思います。クリーニングに適したアルコールの濃度がわからないので、除菌スプレーをディスク表面に塗布するのは、ちょっと怖いですね。

どうしても試したいなら、雑誌の付録のDVDなど、不要になったディスクで実験するといいでしょう。まあ、リスクを冒すよりは、100円ショップで買える安いCD・DVDクリーナー液を使ったほうが安心だと思います」

編集部:

クリーニング液を使わなくても、クロスで拭くだけでも、けっこうきれいになりますしね。ありがとうございました!

This article is a sponsored article by
''.