Amazon「Fire TV Stick 4K」なら、iPhone、Androidの画面転送に対応。Amazonプライム・ビデオなどのサブスク動画の再生ができる。また、「Chromecast with Google TV」もスマホからの画面転送ができる。Googleの各種機能、サブスク動画の再生、ゲームのプレーもできて便利だ。

Wi-Fi接続やミラーリングで連係

スマホの動画をテレビに映すなら、ストリーミング機器がおすすめ

スマホで楽しむ動画も、たまには大画面のテレビで見たくなる。そういうときはテレビ側にスマホ動画を受け取る機器を接続し、スマホ動画を転送すればいい。

その種の機器の代表といえば、AmazonのFire(ファイヤ)TVシリーズとGoogleのChromecast(クロームキャスト)シリーズだ。これらは、HDMI端子経由でテレビに接続し、Wi-Fiを介してネットに接続させる。そのうえでミラーリング(スマホの画面をそのままテレビに表示すること)を実行したり、動画の出力先としてテレビを指定したりすればいい(自分で撮ってスマホに保存してある動画などは、この方法でテレビでの視聴が可能)。

また、サブスクの動画配信サービスの中には、FireTVなどの機器用のアプリを用意しているところもあり、スマホなしでもテレビと連係して大画面で動画などを楽しむことができる。

HDMI接続でテレビに出力できる定番ツール

Amazon
Fire TV Stick 4K
実売価格例:6980円

画像: iPhone、Androidの画面転送に対応。Amazonプライム・ビデオなどのサブスク動画の再生ができる。

iPhone、Androidの画面転送に対応。Amazonプライム・ビデオなどのサブスク動画の再生ができる。

Google
Chromecast with Google TV
実売価格例:7600円

画像: スマホからの画面転送が可能。Googleの各種機能、サブスク動画の再生、ゲームのプレーもできる。

スマホからの画面転送が可能。Googleの各種機能、サブスク動画の再生、ゲームのプレーもできる。

■解説/福多利夫(フリーライター)

This article is a sponsored article by
''.