今回は、ソロキャンプ向けの「1人用テント」のおすすめをご紹介します。キャンプというと「家族や仲間などと一緒に大勢で楽しむもの」というイメージを抱いている方も多いかもしれません。しかし、近年では周囲のことを気にすることなく、ひとりでゆったりと自然を楽しめるソロキャンプの人気が高まっています。そんなソロキャンプに欠かせないのが1人用テントです。ここでは1人用テントの選び方や人気アイテムについてご紹介します。

1人用テントとは?選び方のポイントをチェック

まずは1人用テントに求められる要素や選び方のポイントなどをご紹介します。

画像: 1人用テントに必要な要素や選び方のポイントとは(写真はイメージ/Pexels)

1人用テントに必要な要素や選び方のポイントとは(写真はイメージ/Pexels)

1人用テントとはどんなものなのか

キャンプを楽しむために、テントは欠かすことのできないアイテムです。しかし、単にテントとは言っても、さまざまな種類のものがあります。キャンプを快適なものにするためには、その中から用途に合ったものを選ぶことが重要です。

もちろん、テントは大きければ大きいほど内部が広くなりますので、大きいもののほうが快適に過ごせるように思えるかもしれません。しかし、大きなテントはそれだけ収納サイズも大きくなりますし、設営も大変です。テントのタイプによっては、1人では立てることすらできないケースもあります。

そのため、1人用テントに求められる一番の要素は「1人で無理なく運ぶことができて、なおかつ設営できるもの」であるという点です。特にキャンプ初心者の方の場合、できるだけシンプルな構造で建てやすいものを選ぶべきでしょう。

もちろん、内部があまりにも狭すぎると快適なキャンプにはなりませんので、自分の体の大きさや、テントの中でどのように過ごしたいのかを考えながらサイズを選ぶようにしましょう。

最近では、ソロキャンプの人気が高まっている影響もあり、1人用テントの選択肢も増えています。なので、その中から使いやすいものを選ぶようにしましょう。

1人用テントの選び方

テントにもさまざまな種類のものがありますが、もっとも重要なポイントとなるのが、テントの「タイプ」です。

テントの中でもっともシンプルなのが、「シングルウォールテント」です。その名の通り、1つの壁のみで風雨を防ぐ構造となっています。軽量かつコンパクトで設営も楽ですが、外気温の影響を受けやすいことから、気温の下がる季節や場所ではしっかりとした装備がなければ寒い思いをすることになるかもしれません。また、構造上通気性も悪くなってしまいますので、夏場は空気がこもり、不快感が強くなるという点にも注意が必要です。

一方で、「ダブルウォールテント」は、2重構造になっているため重量は増し、設営も少し大変ですが、その分だけ快適性が高いというメリットがあります。テントを使用する季節やフィールドに合わせて選ぶようにしましょう。

また同じタイプのテントでも、最近ではワンタッチで設営できるタイプのものなども登場しています。あまりキャンプになれていない方の場合は、機能性で選ぶよりも、できるだけ簡単に立てることができるテントを選ぶことによって、より集中して自然を楽しむことができるでしょう。

ただし使用するフィールドの気候などによっては、多少設営に手間がかかっても機能性が高いものでなければ快適なキャンプができない可能性もあります。なので、キャンプ予定の場所の気温や天候などに合わせたテント選びも大切です。

おすすめの1人用テントをチェック

それでは具体的におすすめの1人用テントをご紹介します。

画像: おすすめの1人用テントをご紹介(写真はイメージ/Pexels)

おすすめの1人用テントをご紹介(写真はイメージ/Pexels)

 

コールマン
ツーリングドームST

高品質なアウトドア用品で高い人気を誇るコールマンのダブルウォールタイプの1人用テントです。サイズはコンパクトですがドーム型になっていますので内部空間は広く、快適に過ごすことができます。

画像: コールマン「ツーリングドームST」 www.amazon.co.jp

コールマン「ツーリングドームST」

www.amazon.co.jp

空前の室間も広めで防水性もしっかりとしていますので、室内に直接雨が入り込んでくるような心配もありません。初心者の方でも1人で設営しやすいシンプルな構造になっており、ソロキャンプ初心者の方でも安心して使用することができます。

また、別売りのキャノピーポールを取り付けることによって、前室に大きめの日よけ・雨よけスペースを作ることもできます。そのため、初心者の方のみでなくさまざまな用途で使用できるテントが欲しい上級者の方にもおすすめです。

これだけの高性能テントながら、実売価格で約16,000円と、コストパフォーマンスの高さも魅力のひとつです。

画像1: 【一人用テントのおすすめ】初心者でも簡単設営!安くても高性能な人気アイテムを紹介
コールマン(Coleman) テント ツーリングドーム ST 1~2人用
使用サイズ:インナーテント/約210×120×100(h)cm
収納時:約直径19×49cm
重量:4Kg
¥14,028
2021-02-08 10:28

 

アライテント
エアライズ1

超軽量&高性能素材である「ファリーロ」中空糸を本体に使用することによって、軽量でありながらあらゆる状況においても快適に過ごせることのできる空間を確保できるテントです。

画像: アライテント「エアライズ1」 www.amazon.co.jp

アライテント「エアライズ1」

www.amazon.co.jp

切れ目のないフレームスリープを採用することによって、設営中にフレームの位置を確認する必要がありません。さらにコンパクトで軽量なので、あまり経験のない方であっても簡単に設営することができます。しっかりとした素材なのでデイキャンプでの休憩時などではより簡単に設営できるシングルウォールテントとしても使用できますが、テント全体をしっかりと覆うことのできるフライシートを取り付けることでダブルウォールタイプにもなります。

「とにかく軽量で持ち運びやすく、設営をしやすいテントが欲しい」という方におすすめのアイテムとなっています。もちろん作りもしっかりとしていますので、長く愛用できる相棒のようなテントが欲しいという方にもおすすめできます。

画像2: 【一人用テントのおすすめ】初心者でも簡単設営!安くても高性能な人気アイテムを紹介
アライテント(ARAI TENT) エアライズ1(AIR RAIZ1) 1人用 本体:クリーム フライ:オレンジ
【カラー】オレンジ
【設営時】間口100×奥行205×高さ100cm
【収納時】本体29×14φcm、フレーム38cm
【重量】1360g(本体+フレーム+フライシート)
【収容人数】1人用(最大2人)
¥47,800
2021-02-01 10:34

 

プロモンテ
シングルウォール登山テント

軽量かつコンパクトで、設営も簡単なシングルウォールテントです。登山中などにすばやく設営できるように設計されたものですが、構造がシンプルで使いやすいのでキャンプ初心者の方にもおすすめです。

画像: プロモンテ「シングルウォール登山テント」 www.amazon.co.jp

プロモンテ「シングルウォール登山テント」

www.amazon.co.jp

シングルウォールながら材質はしっかりとしたものになっていますので、設営が簡単なのみでなく内部の快適性の高さもポイントです。

画像3: 【一人用テントのおすすめ】初心者でも簡単設営!安くても高性能な人気アイテムを紹介
プロモンテ(PuroMonte) テント シングルウォール 登山テント [2人用] 日本製 VB-20
サイズ:間口205×奥行120×高さ100cm
材質:テント本体/(表地)20Dナイロンリップストップ(裏時)70Dナイロントリコット(ラミネート) 高通気エントラント3レイヤー
材質:本体グランド部/3DDポリエステルリップ(ポリウレタン防水加工) ポール/DAC/NFLφ9.3mm
付属品:アルミペグ(8本)、張り綱4本/テクノ―ラ(アラミド)、本体収納袋、ポールの収納袋
収納サイズ:本体/32×24cm、ポール /43×9.5cm
重量:約1140g(総重量 1280g)
原産国:日本
¥57,200
2021-02-01 15:27

まとめ

画像: 人気が高まっているソロキャンプ(写真はイメージ/Pexels)

人気が高まっているソロキャンプ(写真はイメージ/Pexels)

仲間や家族と一緒に楽しむキャンプも楽しいものですが、自分の好きなように過ごすことのできるソロキャンプも魅力的なものです。近年では自分のスタイルでより自然を楽しむことのできるソロキャンプの人気が高まっていますので、挑戦してみたいと考えている方も多いでしょう。

そんなソロキャンプに欠かすことのできないアイテムが、1人用テントです。今回ご紹介した選び方のポイントやおすすめアイテムをチェックして、あなたにぴったりなテントを探してみてください。するともっと充実したソロキャンプライフを楽しむことができるはずです。

This article is a sponsored article by
''.