「MOVERIO BT-40/BT-40S」は、眼鏡のようにかけるだけで、目の前に120型相当の大画面が現れる両眼シースルー・スマートグラスの最新型だ。Androidスマホ(USB Type-CのDisplayPort Alternate Modeに対応する必要あり。)やパソコンとUSBでつないで、さまざまな映像コンテンツを再生できる。

目の前に120型相当の映像が現れるシースルー・スマートグラスの最新モデル

眼鏡のようにかけるだけで、目の前に120型相当の大画面が現れる両眼シースルー・スマートグラスの最新型。Androidスマホ(USB Type-CのDisplayPort Alternate Modeに対応する必要あり。)やパソコンとUSBでつないで、さまざまな映像コンテンツを再生することができる。ディスプレイはエプソン独自のシリコン有機ELを採用し、解像度はフルHD。

エプソン
MOVERIO BT-40/BT-40S
実売価格例:6万4900円/11万5500円

画像: 仮想視聴距離が5メートル先の場合、120型の高精細・大画面が現れる(仮想視聴距離が2.5メートルの場合は60型相当)。

仮想視聴距離が5メートル先の場合、120型の高精細・大画面が現れる(仮想視聴距離が2.5メートルの場合は60型相当)。

VRのような視界が密閉されるヘッドセットとは違い、周囲の状況も見られるシースルー型なので、部屋はもちろん、機内や列車内、屋外など、いろいろな場所で映像を楽しむことができる。スナックや飲み物をとりながらの鑑賞も可能だ。

フルHDで120型相当の大画面

画像: 目の前に120型相当の映像が現れるシースルー・スマートグラスの最新モデル

製品は、ヘッドセット単体のBT-40と、Android内蔵コントローラーを同梱したBT-40Sの2タイプがある。

※価格は記事作成時のものです。

文/特選街編集部

This article is a sponsored article by
''.