【EcoFlow RIVER】車中泊やキャンプに大活躍!使う人の人数によって容量を変えられるポータブル電源

ガジェット

「EcoFlow RIVER(エコフロー リバー)」シリーズは、「買った後からでも容量を変えられる」のが特徴だ。EcoFlow RIVER(288Wh)、EcoFlow RIVER Max(576Wh)、EcoFlow RIVER Pro(720Wh)の3モデルに注目だ。

使う人の人数などによって容量を変えられるモジュール方式のコンパクトなポータブル電源

災害で停電が起きた際の備えや、電化が進むアウトドアシーンなど、今やポータブル電源は「一家に一台」ともいうべき存在になりつつあるが、「EcoFlow RIVER(エコフロー リバー)」シリーズは、「買った後からでも容量を変えられる」のが特徴。

EcoFlow Technology
EcoFlow RIVER
実売価格例:3万9600円~

キャンプや車中泊、停電時に大活躍

容量が720WhのRIVER Pro、576WhのRIVER Max、288WhのRIVERの3タイプがあり、それぞれモジュール型のエクストラバッテリーを脱着することで、使う人数や用途に合わせて容量を変えることができる(RIVERとRIVER Proのエクストラバッテリーは別売)。

ラインアップは3モデル。左からEcoFlow RIVER(288Wh)、EcoFlow RIVER Max(576Wh)、EcoFlow RIVER Pro(720Wh)。

※価格は記事作成時のものです。

文/特選街編集部

ガジェット
シェアする
特選街web編集部

1979年に創刊された老舗商品情報誌「特選街」(マキノ出版)を起源とし、のちにウェブマガジン「特選街web」として生活に役立つ商品情報を発信。2023年6月よりブティック社が運営を引き継ぎ、同年7月に新編集部でリスタート。

特選街web編集部をフォローする
特選街web

PR

大切な愛車を守る“最後の砦”!データシステム『カースティールブロッカー』で乗り逃げを阻止する!【盗難防止】[PR]
ひと昔前と比べれば減少傾向にはあるものの、依然として自動車盗難が各地で発生している。ここ数年の盗難被害台数は、1年間で5000台以上! なかでも、プリウス、ランクル、レクサスLX、アルファードなどのトヨタ車に盗難事例が集中している。大切な愛...

PRニュース