【Wi-Fiルーターが熱くなる】熱対策には「置き場所」に気をつけよう

ガジェット

Wi-Fiルーター、特にWi-Fi6対応の製品は、ちょっとしたパソコン並みの処理能力があるので、発熱量もそこそこある。稼働中に触って、使い捨てカイロ程度の温度ならば正常範囲と考えていいだろう。熱がたまる場所、風通しが悪い場所は厳禁。夏場は、冷房があり人が快適に過ごせる場所に設置するのがいい。

Wi–Fiルーターが熱いけど、大丈夫?

▶多少の熱さなら問題ない

近年のWi-Fiルーター、特にWi-Fi6対応の製品は、ちょっとしたパソコン並みの処理能力があるので、発熱量もそこそこある。稼働中に触ってみて、使い捨てカイロ程度の温度ならば正常範囲と考えていいだろう。

ただし、ルーターに熱がこもらないよう、置き場所には気をつけたい。天袋や押し入れ、狭い棚など空気の流れが悪いところは避ける。暖房の温かい空気が直接当たる場所や、テレビの裏など家電の熱がたまる場所も避ける。夏場は直射日光が当たる場所を避けることは当然で、できれば冷房を常時使う部屋に設置したい。

熱対策には置き場所が肝心!

熱がたまる場所、風通しが悪い場所は厳禁。夏場は、冷房があり人が快適に過ごせる場所に設置するのがいい。

ここはNG!
床への直置き
本棚やケースの中
電子レンジやコードレス電話など電波を発する機器の近く
水回り(風呂、洗面所、台所、水槽、花瓶の近くなど)

●解説/福多利夫(フリーライター)

ガジェット
シェアする
特選街web編集部

1979年に創刊された老舗商品情報誌「特選街」(マキノ出版)を起源とし、のちにウェブマガジン「特選街web」として生活に役立つ商品情報を発信。2023年6月よりブティック社が運営を引き継ぎ、同年7月に新編集部でリスタート。

特選街web編集部をフォローする
特選街web

PR

大切な愛車を守る“最後の砦”!データシステム『カースティールブロッカー』で乗り逃げを阻止する!【盗難防止】[PR]
ひと昔前と比べれば減少傾向にはあるものの、依然として自動車盗難が各地で発生している。ここ数年の盗難被害台数は、1年間で5000台以上! なかでも、プリウス、ランクル、レクサスLX、アルファードなどのトヨタ車に盗難事例が集中している。大切な愛...

PRニュース