公式ステータスページでチェック!Googleの障害発生状況を調べる方法

ガジェット

Googleで何らかの障害が発生しているかどうかは「Google公式のステータスページ」にアクセスしてみよう。公式ステータスページにある緑色の丸なら問題なし、オレンジ色はサービス障害あり、赤色はサービスが停止していて利用できない。さらに、障害の解決後もサービスが利用できない場合は、Googleヘルプセンターから問い合わせることができる。

Googleに障害が発生!? トラブルの原因を調べる方法

「Gmail」「Googleカレンダー」「Googleドライブ」など、多岐にわたるGoogleのサービスを日常的に利用している人にとって、何らかの障害の発生によってこれらのサービスにアクセスできなくなるような事態は大問題だ。

そんなときは、まず、アクセスできない原因がどこにあるのかを特定したい。使っている端末や通信機器、インターネット回線など、いろいろな可能性があるが、まずはGoogleに障害が発生していないかどうかを確認しよう。

Googleで何らかの障害が発生しているかどうかは、「Google公式ステータスページ」で確認できる。このページでは企業向けの有償サービスに関する情報を掲載しているが、一般ユーザー向けのサービスについても状況が掲載されている。

スマホアプリの場合は、端末内にいったんメールが保存されるので、一度受信したメールはオフラインでも閲覧できる。ただし、検索機能は全メールからの検索ができず、保存済みのメールだけが対象となるので注意しよう。

■Google公式のステータスページにアクセスしよう

(1)公式ステータスページを開く。緑色の丸なら問題なし、オレンジ色はサービス障害あり、赤色はサービスが停止していて利用できない。

(2)障害が起きているサービスをクリックすると、詳細情報が確認できる。復旧情報などもわかる。

(3)障害の解決後もサービスが利用できない場合は、Googleヘルプセンターから問い合わせることができる。

■解説/今西絢美 (ライター)山崎理香子(ライター)

ガジェットAndroidiPhoneアプリスマホパソコン
シェアする
特選街web編集部

1979年に創刊された老舗商品情報誌「特選街」(マキノ出版)を起源とし、のちにウェブマガジン「特選街web」として生活に役立つ商品情報を発信。2023年6月よりブティック社が運営を引き継ぎ、同年7月に新編集部でリスタート。

特選街web編集部をフォローする
特選街web

PR

大切な愛車を守る“最後の砦”!データシステム『カースティールブロッカー』で乗り逃げを阻止する!【盗難防止】[PR]
ひと昔前と比べれば減少傾向にはあるものの、依然として自動車盗難が各地で発生している。ここ数年の盗難被害台数は、1年間で5000台以上! なかでも、プリウス、ランクル、レクサスLX、アルファードなどのトヨタ車に盗難事例が集中している。大切な愛...

PRニュース