Googleで何らかの障害が発生しているかどうかは「Google公式のステータスページ」にアクセスしてみよう。公式ステータスページにある緑色の丸なら問題なし、オレンジ色はサービス障害あり、赤色はサービスが停止していて利用できない。さらに、障害の解決後もサービスが利用できない場合は、Googleヘルプセンターから問い合わせることができる。

Googleに障害が発生!? トラブルの原因を調べる方法

「Gmail」「Googleカレンダー」「Googleドライブ」など、多岐にわたるGoogleのサービスを日常的に利用している人にとって、何らかの障害の発生によってこれらのサービスにアクセスできなくなるような事態は大問題だ。

そんなときは、まず、アクセスできない原因がどこにあるのかを特定したい。使っている端末や通信機器、インターネット回線など、いろいろな可能性があるが、まずはGoogleに障害が発生していないかどうかを確認しよう。

Googleで何らかの障害が発生しているかどうかは、「Google公式ステータスページ」で確認できる。このページでは企業向けの有償サービスに関する情報を掲載しているが、一般ユーザー向けのサービスについても状況が掲載されている。

スマホアプリの場合は、端末内にいったんメールが保存されるので、一度受信したメールはオフラインでも閲覧できる。ただし、検索機能は全メールからの検索ができず、保存済みのメールだけが対象となるので注意しよう。

■Google公式のステータスページにアクセスしよう

公式ステータスページを開く。緑色の丸なら問題なし、オレンジ色はサービス障害あり、赤色はサービスが停止していて利用できない。

画像1: Googleに障害が発生!? トラブルの原因を調べる方法

障害が起きているサービスをクリックすると、詳細情報が確認できる。復旧情報などもわかる。

画像2: Googleに障害が発生!? トラブルの原因を調べる方法

障害の解決後もサービスが利用できない場合は、Googleヘルプセンターから問い合わせることができる。

画像3: Googleに障害が発生!? トラブルの原因を調べる方法

■解説/今西絢美 (ライター)山﨑理香子(ライター)

This article is a sponsored article by
''.