ネット環境が不安定な移動中や旅行中に「Gmail」の閲覧、返信、検索を行うには、端末にデータを保存しておく「オフラインGmail」機能を使うといい。「Gmail」で「設定」→「オフライン」の順にクリックする。Googleドライブの保存容量に応じて同期設定の日数を決めよう。

電波の届かない場所で「Gmail」をオフラインで使う

ネット環境が不安定な移動中や旅行中に「Gmail」の閲覧、返信、検索を行うには、端末にデータを保存しておく「オフラインGmail」機能を使うといい。利用できるブラウザーは「Chrome」のみ。オフライン設定を有効にするには、「Chrome」で「Gmail」を表示し、「設定」→「オフライン」を開く。設定を有効にしたら、何日分のメールを保存するか決める。続いて、Googleアカウントからログアウトしたときにデータをパソコンに残すかどうかを決める。複数名で共有するパソコンでは、プライバシーを守るためにデータは削除したほうがいい。

■端末に「Gmail」のデータを保存しておく

「Gmail」で「設定」→「オフライン」の順にクリックする。Googleドライブの保存容量に応じて同期設定の日数を決めよう。

画像1: 電波の届かない場所で「Gmail」をオフラインで使う

スマホの「Gmail」アプリ
端末にデータを保存しているので、オフラインでも閲覧や返信を作成可能。

画像2: 電波の届かない場所で「Gmail」をオフラインで使う

■解説/今西絢美 (ライター)山﨑理香子(ライター)

This article is a sponsored article by
''.