洗濯物の目安は、一人一日1.5キロ程度といわれている。これはワイシャツ1枚に綿パンツ1本、肌着1枚にトランクス1枚、靴下1足、パジャマ上下1着などに相当。一人暮らしなら4.5キロの洗濯・脱水容量があれば、3日に1回の洗濯で間に合う計算だが、ここではわかりやすく解説する。

洗濯 疑問と悩み
洗濯乾燥機の洗濯容量脱水容量乾燥容量って、何を基準に判断すればいいの?

洗濯物の目安は、一人一日1.5キロ程度といわれています。これはワイシャツ1枚に綿パンツ1本、肌着1枚にトランクス1枚、靴下1足、パジャマ上下1着などです。一人暮らしなら4.5キロの洗濯・脱水容量があれば、3日に1回の洗濯で間に合います。

これが二人暮らしの場合、6~7キロ程度はないと毎日洗濯しなくてはならなくなります。4人家族の場合は8キロ以上のモデルを選ばないと、1日に2回洗濯しなければならない場合も出てきます。大きな毛布なども洗いたい場合は、10キロ以上の大容量モデルがおすすめです。

乾燥容量は洗濯容量に比べて小さいため、乾燥機能を頻繁に使いたいという人は洗濯容量よりも乾燥容量をチェックしましょう。

乾燥容量を超えて洗濯した場合は、外干しと洗濯機乾燥に分けて乾かす必要があります。4人家族なら6キロの乾燥容量があれば、1日分の洗濯物の洗濯から乾燥までを1回で済ませられます。洗濯乾燥機の乾燥容量は最大で7キロなので、5人以上の家族の場合は複数回の洗濯が必要です。

洗濯容量の目安
一人暮らし→4.5キロ
二人暮らし→6~7キロ
四人暮らし→8キロ以上

乾燥容量の目安
四人暮らし→6キロ

画像: 洗濯容量は一人一日1.5キロを目安に余裕を持って選びたい。乾燥容量は最新の機種でも最大7キロなので、外干しと合わせて使うことになる。

洗濯容量は一人一日1.5キロを目安に余裕を持って選びたい。乾燥容量は最新の機種でも最大7キロなので、外干しと合わせて使うことになる。

■解説/安蔵靖志(家電・ITジャーナリスト)

This article is a sponsored article by
''.