今回は、バッファローのnasne(ナスネ)™を使って、iPhoneでテレビ視聴を試してみた。もともとはプレイステーション用の3波対応テレビチューナー内蔵HDDユニット。かつてソニーが販売していたものを、バッファローが継承。2TバイトHDDを搭載し、6TバイトまでのUSB HDDを増設できる。

今回のテストアイテムはこちら
バッファロー「nasne」

実売価格例:2万9800円

●プロフィール
もともとはプレイステーション用の3波対応テレビチューナー内蔵HDDユニット。かつてソニーが販売していたものを、バッファローが継承した。2TバイトHDDを搭載し、6TバイトまでのUSB HDDを増設できる。

画像: 2TバイトのHDDが内蔵されているとは思えないほどコンパクト。起動後の本体操作の必要はないので、テレビ裏などに置いておける。縦置き専用。

2TバイトのHDDが内蔵されているとは思えないほどコンパクト。起動後の本体操作の必要はないので、テレビ裏などに置いておける。縦置き専用。

SPEC
●内蔵HDD/2TB●内蔵チューナー/地上、BS、110度CS●接続端子/LAN(1000BASE-T、100BASE-TX)、アンテナ入出力、外付けHDD端子(USB2.0 最大6TB)●対応ハードウエア/スマートフォン、タブレット、Windows PC、PlayStation 4●サイズ/幅44.5㎜×高さ135㎜×奥行き187㎜

スマホやパソコンでテレビが見られる

プレステ用として知られる製品だが、本機はスマホやWindowsパソコンでもテレビや動画を楽しむことが可能。今回は、iPhoneでテレビ視聴を試してみた。

まずは設置だが、本機にはWi-Fi機能がないので、自宅のWi-FiルーターとLANケーブルでの有線接続が必須。スマホやパソコンとは、Wi-Fiルーター経由での通信となる。あとは、テレビアンテナケーブルとAC電源を接続するだけなので、難しいことはない。

Wi-Fiには非対応。ネット 接続はLANケーブルで

画像: アンテナ入出力、LANポートと背面の接続端子類はシンプル。Wi-Fi機能は搭載しないので、ネット接続は有線のみ。LANケーブルを使って、手持ちのWi-Fiルーターとつなぐ必要がある。

アンテナ入出力、LANポートと背面の接続端子類はシンプル。Wi-Fi機能は搭載しないので、ネット接続は有線のみ。LANケーブルを使って、手持ちのWi-Fiルーターとつなぐ必要がある。

本体の初期設定は、スマホやパソコンから行う。iPhone用の専用アプリ「torne mobile(トルネ モバイル)」を「App Store(アップ ストア)」からダウンロード。設定内容は、チャンネル検索など、BDレコーダーなどでもおなじみのものだが、搭載している制御チップが高性能なためか、処理待ち時間がほとんどなく、サクサクと完了した。これほど速く初期設定を終えられた機器は、経験上、初めてである。

テレビ視聴・録画や書き出しは課金が必要

テレビ視聴をする前に、一つ重要なポイントがある。実は、「torne mobile」アプリは、ダウンロードは無料だが、テレビの視聴・録画をするにはアプリ内課金が生じる(iOS版=610円/Android版=500円)。さらに、録画データをスマホなどへ書き出すにも、別途課金が必要となる(860円/840円)。ちなみに、パソコン用のアプリ(視聴・録画・書き出し)は、1台用で3300円だ。

アプリ自体は、操作の反応もよく、安定性も高い。画質も文句なしのレベルだ。録画画質も、DRモードでは放送画質そのまま。3倍モードも、スマホサイズなら画質劣化が気になるほどではない。出先で視聴したい人は、データを書き出しておくといいだろう。

番組表から録画予約が可能

画像: BDレコーダーなどと同様に録画予約は番組表から行える。録画画質は、DRと3倍モードから選択できる。

BDレコーダーなどと同様に録画予約は番組表から行える。録画画質は、DRと3倍モードから選択できる。

おすすめ度…A

本体の動作が軽く、アプリの反応も良好で、画質も文句のないレベル

ココが〇

搭載HDDが2Tバイトと大容量で、基本性能が高く、拡張性もある。出先で操作しても、動作が軽くて、処理待ちでイライラすることがない。

ココが✖️

テレビ視聴と録画番組視聴のアプリが別料金となっている。テレビ番組視聴に限れば、アプリも含めると、ライバル製品よりもやや高額。

※文中の「オススメ度」は、「A+」から「C−」までの9段階評価になっています。

※価格は記事作成時のものです。
●解説/福多利夫 (フリーライター)

This article is a sponsored article by
''.