【オーディオブックとは】書籍の朗読を録音した音声コンテンツ おすすめサービス3選

アプリ

本の朗読を録音した音声コンテンツで、新しい読書スタイルとして人気上昇中なのが「オーディオブック」だ。「Audible(オーディブル)」は、Amazonが提供する月額1500円のオーディオブックのサービス。ほかにも「audiobook.jp」「オーディオムービー」などがある。

オーディオブック

本の朗読を録音した音声コンテンツは新しい読書スタイルとして人気上昇中

オーディオブックとは、書籍の朗読を録音した音声コンテンツのこと。音声を再生して聴くことで本を楽しむという、新しい読書のスタイルとして近年広まっている。スマホなどで手軽に音声を聴けるため、別の作業をしながら本の内容を理解できるのがメリットだ。また、通勤時や休憩時などのスキマ時間に利用しやすいのも特徴だ。

既存のオーディオブックサービスでは、月額料金を支払って書籍が聴き放題になるサービスが主流。ほかにも、独自制作のラジオドラマを配信するサービスもある。

Audible

Audible
月額料金:1500円

月額1500円のアマゾン提供のサービス。高額な書籍もお得に楽しめるのが魅力

「Audible(オーディブル)」は、Amazonが提供する月額1500円のオーディオブックのサービス。毎月コインが配布され、そのコインを使って書籍と交換する仕組みだ。

書籍の価格にかかわらず、1枚のコインで1冊購入することができる。また、無料で聴ける1冊「ボーナスタイトル」が毎月設定されているので、月2冊までは追加料金なしで聴くことが可能だ。本をそのつど、単品で購入することもできる(非会員価格の3割引きの価格)。

会員登録から30日間は無料体験期間となっており、全機能を使えるので、まずはオーディオブックがどんなものか試しに使ってみるといい。ただし、30日間が経過すると自動で有料会員に切り替わるので、解約する際は無料期間内に忘れずに手続きを行うこと。

パソコン

小説や自己啓発、子供向けの童話集など、さまざまなオーディオブックを購入できる。キーワード入力カテゴリーから書籍を探そう。

購入した本は「ライブラリー」に追加され、「今すぐ聴く」を選択すると再生される。再生画面では早戻し/早送りや再生速度の調整ができる。

スマホ

購入した書籍はスマホアプリでも同期され、ライブラリーを確認したり、続きから聴いたりできる。

audiobook.jp

audiobook.jp
月額料金:550円

独自収録したこだわりのコンテンツが魅力。利用頻度や価格でプランを選べるのも便利

日本最大級のオーディオブックサービス。月額料金(550~3万3000円)に応じてポイントを取得し書籍購入に充てるプランと、月額750円で対象作品が聴き放題になるプランの2種類を提供する。たくさん聴きたい人には聴き放題プランが便利だが、対象作品が限られる点には要注意。新作などのラインアップを重視するならポイント制のプランを検討しよう。

聴き放題プランは登録から30日間は無料体験期間となるため、無料期間内に解約すれば料金はかからない。作品の品ぞろえや使いやすさといった点をほかのサービスと比較してみるといいだろう。

パソコン

文芸から実用書、ラジオドラマなど、豊富なラインアップが特徴。独自に収録したこだわりの作品も多く楽しめる。

スマホ

スマホアプリも利用可能。再生速度の調整のほか、好きな箇所を何度も聴ける「ふせん」機能が便利。

オーディオムービー

オーディオムービー
月額料金:無料

高品質のオーディオドラマを多数配信。音声だけでも高い没入感を味わえる

TBSラジオが2019年より提供している音声コンテンツの配信サービス。通常のオーディオブックやポッドキャストを配信するサービスとは異なり、高品質のオーディオドラマを取り扱うのが特徴。作品はすべてミステリーやコメディなどのフィクションであり、著名な俳優や声優を多く起用している。

また、認知科学に基づいて制作されており、物語の主人公が聴いた音や声、見た風景などをユーザーが直感的に想像できるようになっているため、作品世界への没入感が高いのも大きな魅力だ。
アプリは提供されていないため、ブラウザーで利用する。

パソコン

ウェブサイトから作品を選択して再生できる。現在はミステリーやコメディ、伝記などが配信されている。

作品ページを開くと再生が可能。デバイス内にダウンロードすれば、オフラインでも聴くことができる。

※価格は記事作成当時のものです。

■解説/今西絢美(ライター)、友納一樹(ライター)

アプリガジェット
シェアする
特選街web編集部

1979年に創刊された老舗商品情報誌「特選街」(マキノ出版)を起源とし、のちにウェブマガジン「特選街web」として生活に役立つ商品情報を発信。2023年6月よりブティック社が運営を引き継ぎ、同年7月に新編集部でリスタート。

特選街web編集部をフォローする
特選街web

PR

大切な愛車を守る“最後の砦”!データシステム『カースティールブロッカー』で乗り逃げを阻止する!【盗難防止】[PR]
ひと昔前と比べれば減少傾向にはあるものの、依然として自動車盗難が各地で発生している。ここ数年の盗難被害台数は、1年間で5000台以上! なかでも、プリウス、ランクル、レクサスLX、アルファードなどのトヨタ車に盗難事例が集中している。大切な愛...

PRニュース