実際にある会場の音響を再現して、ライブ演奏を聴いているような気分に浸れるアプリや、過去のライブの演奏曲目でのプレイリストが作れるアプリなどを使ってみると楽しいだろう。ここでは、「RealLive (turned on by Zepp)」や「LiveFans」、歌詞が表示される音楽プレーヤーアプリ「プチリリ」を解説する。

好きなアーティストの曲をもっと深く味わいたい!

好きなアーティストのライブに行く機会が減った今こそ使いたいのが、ライブ気分が楽しめる音楽再生アプリ。実際にある会場の音響を再現して、ライブ演奏を聴いているような気分に浸れるアプリや、過去のライブの演奏曲目でのプレイリストが作れるアプリなどを使ってみると楽しいだろう。

また、スマホに取り込んだ楽曲をより深く楽しみたいなら、歌詞表示アプリがおすすめ。歌詞を見ながら聴くと、楽曲のよさがさらに感じられる。

RealLive (turned on by Zepp)

画像1: 【音楽再生アプリのおすすめ3選】22のライブ会場をシミュレートした音響効果でライブ気分が楽しめるアプリも

提供元:zepp hall network inc
無料
iPhone Android

ドームなど、実在のライブ会場に近い音量効果で好きな楽曲を再生できる

スマホに入っている楽曲をより臨場感あふれるサウンドにできるのがこのアプリ。東京ドーム、さいたまスーパーアリーナ、日本武道館、渋谷Club Quattro、Zepp Tokyoなど、実在する22のライブ会場をシミュレートした音響効果が得られる。会場ごとに音響特性を録音し、データ解析したうえで調整されており、聴いてみると、確かにリアル感満点。また、歓声や拍手をミックスでき、楽曲の傾向に合わせて四つのパターンから選べる。好きなアーティストがこれまで立ったことのない会場のエフェクトを選んで、主催者気分を楽しんでもいいだろう。

画像: 上記の会場のほかに、ナゴヤドーム、横浜アリーナ、札幌ドーム、大阪城ホール、代々木体育館など、ライブ好きにはたまらないエフェクトを用意。いつもの曲が迫力のライブサウンドに変わる。

上記の会場のほかに、ナゴヤドーム、横浜アリーナ、札幌ドーム、大阪城ホール、代々木体育館など、ライブ好きにはたまらないエフェクトを用意。いつもの曲が迫力のライブサウンドに変わる。

画像: 「CHEER」をタップすると、歓声と拍手が大きくなる。客層の設定を変えると、歓声の鳴り方も変化する。

「CHEER」をタップすると、歓声と拍手が大きくなる。客層の設定を変えると、歓声の鳴り方も変化する。

画像: 音響はさらに細かくカスタムできる。調節するには1時間につき30秒の広告動画の視聴が必要になる。

音響はさらに細かくカスタムできる。調節するには1時間につき30秒の広告動画の視聴が必要になる。

LiveFans

画像2: 【音楽再生アプリのおすすめ3選】22のライブ会場をシミュレートした音響効果でライブ気分が楽しめるアプリも

提供元:SKIYAKI Inc.
無料
iPhone Android

スマホ内の楽曲をライブ当日のセットリストで再生できる

ライブの演奏曲目を投稿して、みんなで共有するサービス。さらに、端末内に保存された楽曲を演奏順に再生できるので、ライブの気分が楽しめる。再生時にはドームやスタジアム、ライブハウスなど、六つのエフェクトがかけられるので、より臨場感にあふれた再生が可能だ。

画像: セットリストさえあれば、自由にプレイリストが作れる。

セットリストさえあれば、自由にプレイリストが作れる。

プチリリ

画像3: 【音楽再生アプリのおすすめ3選】22のライブ会場をシミュレートした音響効果でライブ気分が楽しめるアプリも

提供元:SyncPower Corporation
無料
iPhone Android

歌詞カード代わりに使える投稿対応の音楽再生アプリ

スマホ内の音楽を再生すると、歌詞が表示される音楽プレーヤーアプリ。行単位や文字単位で歌詞の色が変わるので、カラオケの練習にも使える。新譜や先行配信の楽曲にも対応。さらに、歌詞情報のユーザー投稿機能もあるので、マニアックな楽曲の歌詞データも見つかりやすい。

画像: 手持ちの楽曲の歌詞をいつでもスマホで確認できる。

手持ちの楽曲の歌詞をいつでもスマホで確認できる。

※価格は記事作成当時のものです。

●解説/今西絢美(ライター)

This article is a sponsored article by
''.