ADSLとは、固定電話回線に使われる金属の電話線(メタル線)を利用した高速インターネット回線の方式。そのADSLから乗り替える回線の候補は、『光回線』が第一候補。光回線の業者は、NTTのフレッツ光や、auひかり、NURO(ニューロ)光など。全国規模で最も広範囲に敷設できているのがNTTのフレッツ光だ。

ADSLから光回線に乗り替えたら、費用は?

読者からの質問

現在、Yahoo!のADSLを使用していますが、いつまでサービスが続きますか? また、光に替えたら、どのくらいの費用がかかりますか?(K.Kさん 神奈川県 74歳)

編集部:

この質問は、フリーライターの福多利夫さんに聞きましょう。まずはADSLの説明からお願いします。

専門家の回答

専門家:

「ADSLは、固定電話回線に使われる金属の電話線(メタル線)を利用した高速インターネット回線の方式で、光ファイバーのインターネット回線が普及するまでは日本の高速インターネット回線の主力の方式でした。理論最高速は下りで50Mbpsとなっています。全国的に、固定電話の回線自体が光ファイバー化されつつある現在、ADSL回線は激減しており、NTTの『フレッツADSL』は2023年1月末で、『Yahoo!BB ADSL』は2024年3月末でサービスを完全終了するとすでに発表されています。また、Yahoo!の場合、2020年3月以降は一部地域から順次サービス終了することが発表されています。ですから、K.Kさんの回線も、いつ終了してもおかしくない状況なわけです」

編集部:

早く乗り替えたほうがいいようですね。

専門家:

「ADSLから乗り替える回線の候補は、『光回線』が第一候補になります。光回線の業者は、NTTのフレッツ光や、auひかり、NURO(ニューロ)光など、さまざまありますが、全国規模で最も広範囲に敷設できているのがNTTのフレッツ光です。戸建て住宅を例にすると、『フレッツ光ネクスト(戸建て)』が標準的な完全定額のサービスとなっており『フレッツ光ライト通常料金』で月額6270円です。また、インターネット接続を仲介するプロバイダーが必要となります。K.Kさんの場合、現在ADSLでYahoo!BBと契約しているので、そのままフレッツのプロバイダーとしてYahoo!BB光フレッツコースを選択すると、プロバイダーの月額料金は1045円。さらに、初期費用としてフレッツの契約料880円と初期工事費1万6500円が必要となります。

実際には、いくつのかキャンペーンや割引サービスが利用できるので、最初の1年間は月額料金が1500円程度になる可能性があります。また、プロバイダー料金は、光電話を追加するとさらに追加料金が発生します」

編集部:

月額7500円くらいかかるんですね。

専門家:

「au光やソフトバンク光でも、割引なしの価格だと似たようなものです。自分が使っているスマホの回線と同じ会社の光回線にすれば、スマホ料金側に割引が発生するなど、少しは安くなりますね」

編集部:
マンションだと戸建てより安くなるので、例として挙げた額は「最も高い場合」となりますね。ありがとうございました!

※価格は記事作成時のものです。

This article is a sponsored article by
''.