オーエスプラスeは、台湾・Optoma社製のDLPプロジェクター「GT1080HDR」の国内販売を開始した。この製品は、ロングセラーモデル「GT1080」の後継機種。狭いスペースにも設置しやすい短焦点タイプで、1.1メートルの近距離から100型のフルHD映像を投映できる。

Optoma
GT1080HDR

●実売価格:13万8100円程度

オーエスプラスeは、台湾・Optoma社製のDLPプロジェクター「GT1080HDR」の国内販売を開始した。この製品は、ロングセラーモデル「GT1080」(2014年発売)の後継機種。狭いスペースにも設置しやすい短焦点タイプで、1.1メートルの近距離から100型のフルHD映像を投映できる。

画像1: Optoma GT1080HDR

ゲームモード(120Hz、応答速度8.4ms)も装備しているから、アクションゲームもストレスなくプレー可能だ。また、4K/HDR入力にも対応している。輝度は3800ルーメンで、コントラスト比は5万対1。ランプ寿命は最長約1万5000時間。

画像2: Optoma GT1080HDR

●問い合わせ先:オーエスプラスe 0120-380-495

※この記事は『特選街』2021年10月号に掲載されたものです。
※価格は記事作成当時のものです。

This article is a sponsored article by
''.