富士フイルムは、独自の色再現技術による卓越した画質と小型軽量ボディを実現する「Xシリーズ」の最新モデルとして、ミラーレスデジタルカメラ「X-T30 II」を発売した。本機は「Xシリーズ」の上位モデル「T4」と同等の画質やAF機能が備わっている。

富士フイルム
FUJIFILM X-T30 II

●実売価格:ボディ単体=10万8900円程度/レンズキット=12万1000円程度

有効画素数約2610万画素と約378グラムの小型軽量ボディのミラーレスデジタルカメラ

富士フイルムは、独自の色再現技術による優れた画質性能と小型軽量を実現する「Xシリーズ」の最新モデルとして、ミラーレスデジタルカメラ「X-T30 II」を発売した。

「X-T30 II」は、従来モデルで好評だった小型軽量ボディはそのままに、ソフトウェアを刷新し、「Xシリーズ」のフラッグシップモデル「X-T4」と同等の高画質や高速・高精度AFを実現したのが特徴。従来モデルより解像度が高い162万ドットの背面液晶モニターを採用するなどハードウェアも進化している。クオリティの高い静止画撮影のみならず、4K/30Pの本格的な動画撮影も快適に楽しめる。

画像: サイズ:幅118.4ミリ×高さ82.8ミリ×奥行き46.8ミリ(最薄部31.9ミリ) 重量:378グラム(ボディ単体、付属のバッテリー、メモリカード含む)

サイズ:幅118.4ミリ×高さ82.8ミリ×奥行き46.8ミリ(最薄部31.9ミリ)
重量:378グラム(ボディ単体、付属のバッテリー、メモリカード含む)

本機は、約378g(ボディ単体、付属バッテリー、メモリーカードを含む)の小型軽量ボディに、有効約2,610万画素「X-Trans CMOS 4」センサー・高速画像処理エンジン「X-Processor 4」を搭載した高画質ミラーレスデジタルカメラだ。最短約0.02秒の高速・高精度AF、優れた動体追従AFを実現。暗闇に近い-7.0 EV(「フジノンレンズ XF50㎜F1.0 R WR」装着時に低照度-7.0EV限界を実現)の低照度環境下でもAFが可能であるため、夜景撮影や光量が少ない屋内での撮影などでも高精度にピントを合わせることができる。

また、スナップ撮影に最適な「クラシックネガ」や低彩度・高コントラストで重厚感のある「ETERNAブリーチバイパス」など全18種類の「フィルムシミュレーション」を搭載。多彩な色再現をが楽しめる。さらに、シーンを判別し最適な撮影設定を自動で選択する「AUTO」モードなどのアルゴリズムを刷新しているため、美しい写真を簡単に撮影することができる。

このほか、色調豊かで滑らかな4K/30P動画やフルHD/240Pのハイスピード動画を撮影できる機能や高解像度162万ドット・3.0型チルト式タッチパネル液晶モニターを搭載。静止画から動画まで快適な撮影をサポートしてくれる。

レンズは、「X-T30 II」をはじめとする「Xシリーズ」、ラージフォーマットセンサー搭載の「GFXシリーズ」、大口径広角単焦点レンズ「フジノンレンズ XF23㎜F1.4 R LM WR」・大口径標準単焦点レンズ「フジノンレンズ XF33㎜F1.4 R LM WR」を加えた充実のラインアップとなっている。

主な特徴

最短約0.02秒の高速・高精度AFにより決定的な瞬間を逃さない

有効約2,610万画素「X-Trans CMOS 4」センサーと高速画像処理エンジン「X-Processor 4」を搭載し、「Xシリーズ」のフラグシップモデル「X-T4」と同等の最短約0.02秒の高速・高精度AFを実現。また、像面位相差画素を全面(約100%)に配置したことで、画面中央から離れた位置にある被写体でも素早く正確にとらえることができ、決定的瞬間を逃さない。

AFの最新アルゴリズムにより、動体追従AFの性能を従来モデルからさらに向上。カメラに向かってくる被写体のみならず、カメラから離れていく被写体も捕らえ続けてくれる。さらに、顔・瞳AF機能も備えているため、動きのある被写体でも正確に追従でき、快適なポートレート撮影を可能にしている。

暗闇に近い-7.0 EVの低照度環境下でもAFが駆動するため、夜景撮影や光量が少ない屋内での撮影などでも、高精度にピントを合わせることができる。

メカニカルシャッター設定時は最速約8コマ/秒、電子シャッター設定時では最速約30コマ/秒のブラックアウトフリー高速連写(撮影後にファインダーが暗転することで被写体が見えなくなるブラックアウトが発生しない高速連写。電子シャッター設定時のみ使用可能)が可能だ。

独自の「フィルムシミュレーション」と進化したオート機能などにより優れた写真画質を実現

独自の「フィルムシミュレーション」に、スナップ写真などで愛用されてきたカラーネガフィルムをもとに画質設計した「クラシックネガ」や、写真フィルムの現像方法のひとつである「銀残し」の表現を再現した「ETERNAブリーチバイパス」など全18種類のモードを搭載。シーンに合わせて写真フィルムを選ぶ感覚で多彩な色表現が楽しめる。

人物の有無、色、明るさなどの情報からシーンを判別し最適な撮影設定を自動で選択する「AUTO」モードやシーンに合わせて撮影設定を選択できる「SP(シーンポジション)」モードのアルゴリズムを刷新。「カラークローム・エフェクト(ブルー)」、「明瞭度」、「ダイナミックレンジ」などの自動調整を可能とし、明瞭で鮮やかな風景写真や、被写体を際立たせたポートレート写真をより簡単に撮影することができる。また、逆光でも、白飛びや黒つぶれの少ない高画質な写真撮影を実現している。

充実の動画撮影機能を搭載

6K相当の豊富なデータ量から4K映像を生成することで、ノイズが少ない高解像な映像撮影を実現。4K/30P 4:2:0 8bitでのカメラ内SDカード記録が可能。HDMI出力では、4K/30P 4:2:2 10bitに対応する。また、フルHD/240Pのハイスピード動画撮影も可能だから、素早く動く被写体の一瞬のアクションも、最大10倍のスローモーション映像で再生することができる。

優れた操作性により快適な撮影を実現

ボディ天面には、本格的なマニュアル撮影を可能にする「シャッタースピードダイヤル」を採用。設定内容を常に確認できるから、電源OFFの時でも次の撮影に備えることができる。また、瞬時に「AUTO」モードに切り替えられる「オートモード切替レバー」も搭載している。

画像: 優れた操作性により快適な撮影を実現

背面には、高解像度162万ドットの3.0型チルト式タッチパネル液晶モニターを採用。鮮明なライブビュー映像で被写体を確認することができ、静止画から動画まで快適な撮影をサポートしてくれる。

画像: 162万ドットの背面液晶モニター

162万ドットの背面液晶モニター

スマホやタブレット用のアプリ「FUJIFILM Camera Remote」(無料)を使えば、撮った画像をスマホやタブレットに送信できるほか、スマホで取得した位置情報をカメラに送信したり、スマホから遠隔でカメラを操作することもできる。また、用途に合わせた最適なデータサイズを送信できるから、スマホのデータを容量を節約する事も可能だ。さらに、ブルートゥースでカメラとスマホをペアリングすれば、カメラの新しいファームウェアが更新されるとその通知を受け取ることができるうえファームウェアのダウンロードも行えるから、カメラのファームウェアを常に最新の状態にしておける。

画像: スマホとペアリングすれば、スマホからの操作や撮った画像の転送も行える

スマホとペアリングすれば、スマホからの操作や撮った画像の転送も行える

●問い合わせ先:富士フイルム 0570-04-1060

※価格は記事作成当時のものです。

This article is a sponsored article by
''.