数ある金融商品の中でも、初心者に比較的向いているのが「投資信託」(ファンド)です。ここでは、投資信託の基本的な仕組みを解説します。投資信託の種類による違いなどをチェックしてください。

パッケージ型でプロが運用

証券会社で販売している「投資信託(投信)」は、投資家から集めた資金をひとまとめにして、株や債券、不動産などに分散投資するパッケージ型の金融商品です。

投資先の選定や実際の運用は、投資のプロであるファンドマネージャーが行います。少額から購入でき、運用は専門家にお任せです。分散投資でリスクを低減できるなど、初心者にとって始めやすい商品といえます。

一般の投資信託とは別に、市場に上場している「ETF」(上場投資信託)という種類もあり、こちらは株と同様に売買できます。

●一般的な投資信託の仕組み

画像1: パッケージ型でプロが運用

投資信託は、金額単位や口数単位で購入できる。証券会社によっては積立購入も可能。保有している間は運用成果によって分配金が支払われ、売却時に基準価格が値上がりしていれば売却益も得られる。

●ETFは上場型の投資信託

画像2: パッケージ型でプロが運用

ETFは、株式と同じように価格がリアルタイムで変動し、取引市場で売買できる。

投資信託種類ETF
非上場上場種別上場
いろいろある売買手数料安い
いろいろあるB2安い
販売会社が
定める時間内
取引時間市場の
取引時間内
基準価格
(1日1回更新)
取引価格リアルタイム

一般の投資信託とETFの違いをまとめた。ETFは好きなタイミングで売買できるが、取扱数は投資信託の方がかなり多い。

投資対象や手法がいろいろある

ひとくちに投資信託といっても、投資対象の資産や国、運用手法などの組み合わせによって、さまざまな商品があります。

対象資産としては、リスクは高いものの収益性に優れる株式、低リスクで安定している債券を組み入れたものが多く見られます。また、高い分配金が見込める不動産、独自の値動きを示すコモディティ(金などの商品)を対象とした投資信託もあります。

投資対象国もさまざまで、日本国内だけでなく、海外の株式や債券を中心にした商品もたくさんあります。

運用手法は、リターン(運用成果)が特定の指数(日経平均株価など)に連動するように設計された「インデックス型」と、指数を上回る成果を積極的に狙う「アクティブ型」に分けられます。これらの特徴を理解しましょう。

投資信託の基本的な種類

●投資対象資産

株式企業が発行している株式で運用する。値動きが大きいため、高いリターンが見込めるが、値下がり時のリスクもある
債券国が発行する国債や、企業が発行する社債で運用する。発行元が破綻しない限り元金と利息を確保でき、値動きも安定しているが、高いリターンは期待できない
不動産
(REIT)
「REIT」(不動産投資信託)と呼ばれる。オフィスビルや商業施設などの不動産を購入し、賃貸収入や売買益を分配する。分配金の利回りが高い傾向にある
コモディティ商品先物市場で取引されている原油や金、穀物などが投資対象。商品相場は独自の値動きを示すため、リスクヘッジ目的でも注目されている
画像1: 投資信託の基本的な種類

●投資対象国

画像1: 【投資信託(ファンド)とは】初心者が始めやすい金融商品! 投資信託の基本的な仕組み・種類や違いを解説

国内 
日本国内の株式や債券などに投資するタイプ。安定した大型株中心のタイプや、成長株中心のものなど、さまざまだ。

画像2: 【投資信託(ファンド)とは】初心者が始めやすい金融商品! 投資信託の基本的な仕組み・種類や違いを解説

海外 
海外の株や債券などで運用する。米欧中心のものが多いが、値動きが激しい新興国を対象にしたものもある。

●運用手法

画像2: 投資信託の基本的な種類

日経平均株価、TOPIX(東証株価指数)など、特定の指標(インデックス)に連動するように設計されている投資信託。比較的低リスクで平均的な収益が期待できる。

画像3: 投資信託の基本的な種類

指標(インデックス)を上回る運用成果を目指したハイリスク・ハイリターンの投資信託。インデックス型と比べると、信託報酬などのコストが割高であることが多い。

※本書および本記事に記載された内容は、特に記載のない限り、2021年10月現在のものです。
※本書および本記事に記載された内容は情報提供を目的としています。生じた損害については、著者及び弊社は一切の責任を負いかねます。投資については個人の責任で判断してください。
※最新の情報や商品の詳細については、弊社ではお答えいたしかねます。



This article is a sponsored article by
''.