言葉は繰り返し繰り返し聞くことで、潜在意識の「SENくん」の中に深く入り込み、やがて色メガネとなって、その言葉通りの人格と現実を創り出してしまいます。「YOKOメソッド」は、言葉というツールを使って「先にこの自動思考(色メガネ)を変える」ことをしていきます。「YOKOメソッド」について、書籍『「全自動」であらゆる願いが叶う方法』著者のYOKOさんに解説していただきました。

解説者のプロフィール

YOKO(ようこ)

LA在住主婦で3児の母。幼少期から無価値感や劣等感が強く、物心がついた頃から自己啓発・成功法則・スピリチュアルの情報を読み漁る。10年以上迷いに迷った末、この世界の法則を自分なりに理解し、人生はシンプルで変えようと思えば誰でもいつでも変えられることに気づく。「自分が生きたい人生を“超簡単に”構築していく」をモットーに、2020年にYouTube「YOKOの宇宙研究CH」を開設し、人生を変えるメソッドを多数配信。視聴者の目線に立った内容が共感と反響を呼び、登録者12万人を超える人気チャンネルとなっている。

本稿は『「全自動」であらゆる願いが叶う方法』(KADOKAWA)の中から一部を編集・再構成して掲載しています。

イラスト/オフィスシバチャン

思考ではなく言葉が現実化する

では本格的なメソッドに入る前の下準備に入ります。毎日なにげなく使っている言葉がいかにパワフルであるか、人生すら変えてしまう力があることを説明していきます。

こうしてメソッドに使うツール(言葉)にどれだけ威力があるのかを知っておくことで、実践するときも「自分は最強の言葉で今、思いっきりSENくんに影響を与えているんだ」と確信することができ、その信じる気持ちが潜在意識の書き換えを加速させます。
ここでしっかりと腑に落としておきましょう。

思考が運命になる

マザー・テレサによる次の有名な言葉があります。

思考に気をつけなさい、それはいつか言葉になるから。
言葉に気をつけなさい、それはいつか行動になるから。
行動に気をつけなさい、それはいつか習慣になるから。
習慣に気をつけなさい、それはいつか性格になるから。
性格に気をつけなさい、それはいつか運命になるから。

つまり、「思考が運命になる」「あなたの思い描いたことが現実化する」ということです。これはまさに、引き寄せの法則とも同じロジックです。
しかし、そうは言っても、思考をコントロールするのは難しいこともありますよね。人は1日約6万回も思考しており、そのほとんどが無意識だと言われています。

画像: 思考が運命になる

言葉が運命になる

「色メガネの自動思考」を思い出してください。
例えば、「私は愛されてない」という色メガネがあった場合、何かあったとき反射的に、「あっ、私は愛されてない」と思ってしまうのでしたね。

もう自動的に思ってしまうのに、これを無理やり「思考を変えよう!」と5%の顕在意識で頑張っても、95%のSENくんの力が反対側に引っ張るので、非常に効率が悪いというお話もしました。
だからこそYOKOメソッドは、言葉という最強ツールを使って「先にこの自動思考(色メガネ)を変える」ことをしていきます。

そのため、YOKOメソッドを使う場合は、「思考が運命になる」ではなく、その思考を言葉で変えてしまうので、言葉→思考→運命の順で変わっていきます。
つまり、「言葉が運命になる」ということです。
また、言葉を使うもう1つの大きなメリットとして、思考は(特に有事は)コントロールするのがなかなか難しいですが、言葉は「ただ言えばいい」だけなのでコントロールが容易という点もあります。これは本当に、最高の利点です。

画像: 言葉が運命になる

本稿は『「全自動」であらゆる願いが叶う方法』(KADOKAWA)の中から一部を編集・再構成して掲載しています。

ラスボスさえ簡単に倒せる「伝説の剣」

言葉は人生を左右する力を持つ

言葉の威力がどれだけのものか、ここではネガティブな例を使って説明していきましょう。次の質問を読んでみてください。

毎日ネガティブな言葉を浴びながら育った子どもと、毎日ポジティブな言葉を浴びて育った子ども。将来、それぞれどんな人生を歩むでしょうか?

これはもう、答えがなくてもわかりますよね。
私は割とネガティブな言葉をたくさん受けて育ったので、自分も嫌い、人も嫌い、劣等感だらけ、自己肯定感が最低、というネガティブ色メガネ満載の大人になりました(今はだいぶ改善されていますが)。

もちろん、幼少期だけでなく、大人になってからも言葉の影響を受けます。
例えば、新入社員が会社で先輩や上司に、「仕事できないね」「全然使えない」「ハズレだわ」といった言葉を毎日言われ続けたら、その人はどうなると思いますか?

実際、私がかつて働いていた会社で、そうした扱いを受けていた新入社員の男性がいました。大学時代はラグビー部で屈強な体と精神を持っていたはずですが、1年後、彼は別人のように暗くなり、精神を病んで会社を辞めてしまいました。
身近な例を考えただけでも、言葉は私たちの人生に多大な影響を与えていることがわかりますね。
このように、言葉は繰り返し繰り返し聞くことで、SENくんの中に深く入り込み、やがて色メガネとなって、その言葉通りの人格と現実を創り出してしまうんです。

また、自分が直接ひどいことを言われなくても、人の悪口や陰口、愚痴などを常に言ったり聞いたりしていると、それも同じくSENくんの中に入っていきます。
SENくんは自分と他人の区別がつきませんから、「あいつムカつく」「あいつ使えない」「最悪」という言葉はすべて、「私ムカつく」「私使えない」「私最悪」と受け取ってしまいます。
それが蓄積されていったら、どうなるか……。皆さんはもうおわかりですね。

ふだん私たちは毎日、何気なく言葉に接しています。自分が発したり、書いたり、また人が発したものを聞いたり、読んだり。
SENくんは自分の言葉も人の言葉も、ニュースやメディアの情報も、入ってくるすべての言葉を記録しています。

ネガティブな言葉に触れる機会が多ければそういう人生を、ポジティブな言葉に触れる機会のほうが多ければそういう人生を歩むと言っても過言ではありません。
言葉とは、そのくらい大きく人生を左右する力を持つのです。

「最強の伝説の剣」か「破滅の呪いアイテム」か

使い方次第で「強力な武器」にもなり、自分を破滅に追い込む「呪いのアイテム」にもなり得るのが言葉です。

私が好きなゲームにたとえると、私たちはこの人生ゲームにおいて、序盤からラスボスすらも倒せる「チートアイテム」を持ってスタートしているようなものです。
ただ、それはポジティブにもネガティブにも強力に働く諸刃の剣。「最強の伝説の剣」にするか「破滅の呪いアイテム」にするかは自分次第です。
言葉はあなたを想像以上の高みに連れていってくれるだけでなく、幸せへの出口がない無限ループにはめてしまう可能性だってあります。

あたりまえに思うかもしれませんが、私たちは言葉を「選択」できます。
日常生活で必ず使う「伝説のチートアイテム」、言葉という武器を自分はどう扱っているか──。これからは、ここに意識を向けていただけたらと思います。

画像: 「最強の伝説の剣」か「破滅の呪いアイテム」か

◇◇◇◇◇

なお、本稿は書籍『「全自動」であらゆる願いが叶う方法』(KADOKAWA)の中から一部を編集・再構成して掲載しています。私たちの人生は、95%を占める潜在意識に支配されていると言われています。人生がうまくいく人、いかない人の違いは、この潜在意識にどのような「思い込み」が入っているかの違いが大きいのです。潜在意識の中に刻み込まれている「私はダメだ」などの強い思い込みが、実は人生をほぼ決めてしまっていると言っても過言ではありません。だから、この潜在意識に刻み込まれている思い込みを、「自分の望み通りに書き換える」ことを、何より最優先しなくてはいけません。本書では、言葉の威力を裏づけるもの、あなたの望みにぴったりな言葉の作り方、そして、実生活で確実に実践できる仕組み、潜在意識の書き換えを加速する方法など、余すところなくお伝えしています。詳しくは下記のリンクからご覧ください。

画像: 〈潜在意識の使い方〉潜在意識を一瞬で書き換える「言葉」の力|ラスボスさえ簡単に倒せる「伝説の剣」
【Amazon.co.jp 限定】「全自動」であらゆる願いが叶う方法 潜在意識がみるみる書き換わる(特典:書籍未収録「聞くだけで潜在意識が癒される言葉」データ配信)
¥1,540
2021-12-15 9:30

成功法則は多いのに成功者は少ない理由【5%の顕在意識と95%の潜在意識】の記事もご覧ください。

This article is a sponsored article by
''.