帯状疱疹は、水ぼうそう(水痘)にかかったことのある人ならだれでも発症する可能性のある病気です。水疱を伴う発疹と痛みが特徴で、皮膚症状が鎮静したあとも痛みが持続することがあります。発症するリスクは50歳を超えると増加し、帯状疱疹ワクチンも50歳以上に適用されています。今回は、この病気の実態と予防・対応策について、順天堂大学医学部麻酔科・ペインクリニック講座教授の井関雅子先生に教えていただきました。

解説者のプロフィール

画像: 解説者のプロフィール

井関雅子(いせき・まさこ)

順天堂大学医学部麻酔科学・ペインクリニック講座教授。順天堂大学大学院医学研究科疼痛制御学 教授(併任)。1984年近畿大学医学部卒後、大阪赤十字病院麻酔科で研修。順天堂大学医学部麻酔科学講座助手、緩和ケアセンターセンター長、同大麻酔科学・ペインクリニック講座講師、准教授を経て2013年より現職。専門医機構麻酔科専門医、日本麻酔科学会指導医、日本ペインクリニック専門医、日本頭痛学会指導医・専門医、日本ペインクリニック学会理事・日本疼痛学会理事・日本慢性疼痛学会理事・日本運動器疼痛学会理事・日本麻酔科学会代議員。

取材・構成/狩生聖子

帯状疱疹とはどのような病気なのか

水ぼうそうにかかった人は誰でもかかる可能性あり

帯状疱疹は、水痘(水ぼうそう)の原因と同じウイルスである「水痘・帯状疱疹ウイルス」が原因で発症する病気です。神経に沿って帯状に発疹が出るために、このように呼ばれます。

このウイルスに初めて感染すると、水ぼうそうを発症します。子供の頃にかかる人が多いので、皆さんもご記憶かもしれません。全身に水疱ができ、それがかさぶたになってはがれます。重症化しなければ1週間程度で治りますが、実は水痘ウイルスはその後も、脊髄近くの神経節などに潜んでいます。そして、何かのきっかけでウイルスが再び活動・増殖を始めると(再活性化)、帯状疱疹を発症するのです。つまり、過去に水ぼうそうにかかったことがある人なら、誰でも発症する可能性がある病気といえるでしょう。

帯状疱疹が発症するきっかけは?

帯状疱疹が発症するきっかけとして、よく言われるのは「免疫力の低下」です。ストレスや疲労、あるいはがんなどの病気になったときや、がん治療中に発症するケースは少なくありません。

もう一つは「抗体価の低下」です。私たちの体は、病気の原因となる異物が入ってくると抗体が作られます。これが、感染を防御するたんぱく質と協力して、同じ病気の発病を防いでいます。帯状疱疹も例外ではなく、最初の感染でできた抗体が常に体内をパトロールし、ウイルスの活動を阻止しています。ところが、もともとこの抗体の量が少なかったり、加齢により抗体の量が減ってきたりすると、帯状疱疹を発症しやすくなるのです。

帯状疱疹になりやすい年齢・状態

帯状疱疹患者75,789例を対象とした大規模疫学研究「宮崎スタディ」では、男女ともに50歳代から帯状疱疹の発症率が急激に上昇し、全患者の約7割が50歳以上と報告されています。この結果から、日本では80歳までに約3人に1人が帯状疱疹を経験すると推定されています。

こうしたデータを見ると、帯状疱疹という病気は「わりと多くの人がかかる」という印象でしょう。実際、周囲の人に聞いてみると、「自分や家族、職場の人がかかった」という話が意外に多くあると思います。

また、きちんとしたデータは得られていませんが、インターネットなどで最近、「コロナ禍で帯状疱疹にかかる人が増えているようだ」という現場の医師の声も聞かれます。私自身は特に増えたという実感は持っていませんが、愛知医科大学皮膚科学講座教授の渡辺大輔医師は、増えたとすればその理由として、「コロナ禍で感染に対する不安や収入の減少など、多くのストレス要因が重なったことで免疫力が低下したことが考えられる」といった内容を、2021年10月20日放送のラジオ番組『NHKジャーナル』でコメントしていました。

画像: ストレスが発祥のきっかけになることも。

ストレスが発祥のきっかけになることも。

帯状疱疹の症状

早期発見のために症状を知っておこう

帯状疱疹という病気は、痛みと水疱状の発疹が主な症状です。ただ、服薬などの治療で症状が治まっても、後遺症として神経痛が残るケースがあります。帯状疱疹後神経痛は、生活の質が低下するほどの苦痛となることが少なくありません。重症化や後遺症を防ぐためには、早期発見・早期治療が重要です。そこでまず、帯状疱疹がどのように発症するのか、典型的なケースを知っておいてください。

皮膚の痛みのあと水膨れを伴う発疹

先述したように、神経節に潜伏していた水痘ウイルスがなんらかのきっかけで再活性化すると、神経節内で増力し、知覚神経を通って表皮に達します。痛みが出てから発疹が現れたり、発疹が出てから痛みが出たりします。痛みだけでなく、かゆみやしびれなどとして感じる場合もあります。また、痛みの感じ方も人それぞれで、ピリピリやズキズキ、針で刺されるような痛み、焼けるような痛みなど、さまざまです。

帯状疱疹の皮膚症状は「水膨れを伴う赤い発疹」で、左右どちらかに出るのが特徴です。帯のように水疱がつながって現れます。

ただし、最初は「ポツポツ」程度の発疹の場合もあり、虫刺されなどと勘違いして受診が遅れるケースが少なくありません。皮膚の痛みがあり、発疹が少しでも確認できれば、この病気の専門である「皮膚科」を受診してください。発疹がなくても、皮膚の痛みがあるときには、「帯状疱疹かもしれない」と心の隅に留め置き、毎日皮膚を確認するといいでしょう。発疹が現れたら、すぐに皮膚科に行ってください。

画像: 皮膚の痛みがあったら発疹の有無を確認しよう。

皮膚の痛みがあったら発疹の有無を確認しよう。

帯状疱疹は、全身のどの神経にでも発症します。腕や胸、背中などで多く見られますが、顔や首、耳、目の周囲、陰部などに起こることもあります。耳の聴神経で起こった場合、難聴の原因になることがありますし、視神経や顔面神経、三叉神経で起こると、視力障害や視力低下、顔面神経麻痺をきたすこともあります。

帯状疱疹の治療

治療は、水痘・帯状疱疹ウイルスの増殖を抑える抗ウイルス薬の飲み薬を使います。発疹が出てから72時間以内に飲み始めることが望ましいとされ、症状がひどい場合は点滴で投与することもあります。いずれにしても、症状に気づいたら2日以内に皮膚科を受診するようにしましょう。抗ウイルス薬によって体内のウイルス量が減少すれば、発疹と痛みは次第に軽減します。



This article is a sponsored article by
''.