ティファールが火をつけた、温度コントロールができる電気ケトル。世界中で大ヒットしました。近頃では、どのメーカーもラインナップ。世界中「茶飲みメイト」が増えているとか。それを狙ってということではないでしょうが、茶漉しが付いた電気ケトル「テイエール 1.5L」も発売されました。3ヶ月ほど使い思ったことが色々、ティーブレイクのちょっとした話としてレポートします。

ガラスのケトル「テイエール 1.5L」をレポート

画像: www.t-fal-onlineshop.jp
www.t-fal-onlineshop.jp

まず、「テイエール 1.5L」を見た瞬間に「ほおっ」と思ったのが、ガラスであることです。電気ケトルの素材でもっとも多いのは「樹脂」です。便利す。なんたって割れません。火傷もしにくい。しかし「味がね」と思う人は実に多い。臭いが移るというのです。特に新品は臭いが強いとされます。

美味しい白湯を飲むためには、金属の薬缶か電気ケトル。これが大人の選択というもの。しかし、テイエールが採用したのは「ガラス」。ガラスの薬缶はあるにはあります。ジャスミン茶などに使われます。茶葉が開くと、キレイですが何にでも使われる物ではありません。作りにくいし、全面ガラスだと耐久性が心配になります。

しかし、茶を電気ケトル自体で淹れる場合は大いにプラスなのです。茶がどの位抽出されたのかが視覚から的確にわかりますので。ニオイ移りがない、抽出具合が分かる。双方ともに、茶を楽しむ上では重要なポイントです。

ティエールのメリット

量がすごい!

テイエールのお湯を沸かす適正量は、0.5〜1.5L。最大7人分くらい淹れられるでしょうか? 大きさは、一つの魅力です。お茶を出すときに、「ごめんね。足らなくなったから、すぐ沸かすよ。」という言い訳することはないです。

パーティでお茶を振る舞うのにぴったりという感じです。

洗い物が少なくていい

ちなみに、お茶を淹れるには、茶葉により適正温度が違います。このため、茶の湯では、湯冷しという容器を用意するくらい。お湯の温度を合わせ込みますので、このようなことは必要ありません。

また、急須も兼用。洗いの手間も省けますし、この大きさ。手を中に入れてしっかり洗うことができます。

お茶を飲むのには、これだけでいい(なんたって薬缶と急須を足したようなモデルですから)ので、かなりのシンプルライフとも言えます。

画像: 茶葉やフルーツを直接入れられる温度コントロールケトル テイエール 1.5L/T-fal youtu.be

茶葉やフルーツを直接入れられる温度コントロールケトル テイエール 1.5L/T-fal

youtu.be

テイエールのデメリットは・・・

では、これ弱点はないのかというと、あります。それは、日本での茶葉販売がプアーになっていることです。昔、大家族が当たり前だった時代、茶は箱買いしました。使われたのは茶箱。季節衣類をしまう時、最強の保存箱です。

しかし、紙パックが出て世の中が一変しました。それにペットボトルでお茶を買うのが普通になりつつあり、ますます茶葉は、スーパーなどから遠ざかります。

商店街があるとお茶屋が残っているところも多い。それができる理由は、学校(茶道部)、お茶の先生などとのつながりです。それがないところは、ネット通販ですかね。

このモデル、買う前にして欲しいのは、自分の周りで茶葉を売っている所を探すことです。一つや二つでなく、数種揃えているところが望ましい。お茶は元々、高級品。ちゃんとしたお茶を飲むには手間がかかります。

まとめ

画像: 【レポート】ティファール「テイエール 1.5L」はメリット多すぎ!ガラス製電気ケトルにシンプルライフを垣間見た
【全品P5〜10倍】T-fal 電気ケトル テイエール 1.5L BJ813DJP ティファール
商 品 詳 細 香る緑茶から、果実たっぷりのフルーツティーまでこれ一台で ティファール初、お湯を沸かすだけでなく、お茶や紅茶を淹れることができる温度コントロールタイプの電気ケトル。 付属の茶こしを使えばいつもの緑茶を、煮出し機能を使えば果実たっぷりのフルーツティーも作ることができます。 【商品仕様】 サイズ:約160×225×270mm 製品重量:約1、920g 内容量:1.5L コードの長さ:約1.3m 定格消費電力:1、250W 電源:100V50-60Hz 付属品:茶こし、レシピブック
¥ 14,972
2022-01-26 10:35

ティファールが、お茶用の電気ケトル、しかも大型を発売すると聞いて初めはびっくりしました。しかし、入手して使ってみるとかなりの出来。電気ケトルとしても使い勝手いいです。

最低は0.5Lと一人暮らしには、やや多めですが、二人以上からはうまく使えます。正直かなり便利。独特のフォルムも魅力的ですし、ニオイ移りなしですからね。多くの人におすすめができます。

画像: www.t-fal.co.jp
www.t-fal.co.jp

あと、ガラスの中で沸騰する様子は、ちょっと見入ってしまいます。日々の軽い刺激。あと、煮出しができるのも、酸に強いガラスだから。買って損しない一品です。

◆多賀一晃(生活家電.com主宰)
企画とユーザーをつなぐ商品企画コンサルティング、ポップ-アップ・プランニング・オフィス代表。また米・食味鑑定士の資格を所有。オーディオ・ビデオ関連の開発経験があり、理論的だけでなく、官能評価も得意。趣味は、東京歴史散策とラーメンの食べ歩き。



This article is a sponsored article by
''.