春は1年のうちでも寒暖の差の大きな季節。体が交感神経を働かせてさまざまな変化に対応しようと頑張ることで、緊張状態が続きます。すると自律神経に乱れが生じやすくなります。そこで、春の疲れ取りのキーワードになるのが排出やデトックスです。不要物を体外に排出することで、体内のめぐりをよくしましょう。春の食べ養生について、書籍『春夏秋冬 疲れ取りごはん 心も体も軽くなる「食べ養生」大全』著者の関口絢子さんに解説していただきました。

解説者のプロフィール

関口絢子(せきぐち・あやこ)

料理研究家・管理栄養士。東京都生まれ、川村学園短期大学食物学科卒業。「食とアンチエイジング」の関係が注目されていなかった15年以上前から、インナービューティースペシャリストとして情報を発信し、先頭を走り続ける。テレビや雑誌等のメディアを中心に、健康・美容・ダイエットに関するレシピや栄養情報を提供。2020年に開設したYouTube「関口絢子のウェルネスキッチン」は登録者15万人を超える人気チャンネルとなっている。米国栄養カウンセラー、ヘルスケアプランナー、日本抗加齢医学会認定抗加齢指導士。

本稿は『春夏秋冬 疲れ取りごはん 心も体も軽くなる「食べ養生」大全』(KADOKAWA)の中から一部を編集・再構成して掲載しています。

イラスト/祖父江ヒロコ

春は体内にため込んだ不要物のデトックスを

春と聞くと自然と心が明るくなりませんか? 自然界では生命が生き生きと輝き出すシーズン。芽吹いた食材の緑も鮮やかになります。

その反面、私たちの体はなんとなくだるかったり、いつの間にか増えた体重で重く感じたり。環境の変化が大きい時期でもあるので、緊張やストレスを感じることも増えます。
イライラしたり落ち込んだり、うつ病のような症状が増えるときでもあります。

「スッキリ気分よく活動したい春なのになぜ?」と思うかもしれませんが、春は1年のうちでも寒暖の差の大きな季節。
体が交感神経を働かせてさまざまな変化に対応しようと頑張ることで、緊張状態が続きます。すると自律神経に乱れが生じやすくなります。

また、寒さの厳しい冬は生きものにとって体力温存が重要です。そのため、体内にいろいろなものをため込むシステムになっているのです。
普段なら自然に排出されるようなものも、冬の間はあまり排出が進まなくなります。

ため込んだものたちは、冬の間は生理機能を維持するため、そして春が来て活動が活発になったときには、芽吹きや成長のためのエネルギーにもなるもの。
けれど、そのため込みが過剰になると、体の重さやだるさ、心身ともにスッキリしない感覚につながり、「春の疲れ」となってしまうのです。

そこで、春の疲れ取りのキーワードになるのが排出やデトックスです。
ため込んでしまったものの、あたたかくなってきて不要になった成分――過剰にため込んでしまった結果の余分な脂肪――そういった不要物を体外に排出することで、体内のめぐりをよくしましょう。

画像: 春は体内にため込んだ不要物のデトックスを

春に起こりがちな不調

なんとなく体が重い
朝起きるのがつらい
寝付きが悪く眠りが浅い
イライラして落ち着かない
不安感や気持ちが落ち込むことがある
食欲があまりない
疲れが残っている

春は環境の変化が大きく、冬の体から春の体に変わる季節。
そのため、自律神経の乱れや、精神的な不調が出やすくなります。
食べ養生で心と体をデトックスして「春バテ」を防ぎましょう。

画像: 春に起こりがちな不調

旬の山菜やハーブからミネラルやビタミン類をいただく

春の食材としておなじみの山菜類は、ビタミンやミネラルが豊富です。この季節の山菜に特有の成分もたくさんあります。
解毒効果が高いのも特徴で、不要物を排出し、自律神経を整えます。

画像1: 旬の山菜やハーブからミネラルやビタミン類をいただく

また、春の日差しのなかで元気よく芽を出し、葉をしげらせるハーブ類も春におすすめの食材です。
芽吹きのために、たくさんの栄養素をバランスよく含んだスプラウト類も、体をイキイキさせてくれる食材です。

これらの食材に含まれるビタミンB群や鉄分、亜鉛、カルシウムなどのミネラルは、体内のバランスを整えるだけでなく、ほかの栄養素がスムーズに吸収され、体内で機能することを助ける働きもします。

カルシウムはイライラを抑えたり、不安感を抑制したりするといわれますが、ほかのミネラル類も春の疲れ取りには欠かせない栄養素。
自律神経を整えるビタミンEも意識して取りたい栄養素です。

また、良質な動物性タンパク質を取ることも大切です。
現代人の食生活のなかで、ますます重要になる「解毒」という働きを担う肝臓を守り、排出する働きをサポートしてくれるからです。
具体的な食材としては、山菜やハーブのほか、ニンジンやキャベツ、アスパラ、トマトをはじめとした野菜類、卵や魚介類、肉類をバランスよく取ることをおすすめします。
さらに、体内のめぐり改善に重要な腸内環境を整える乾物類なども積極的に取り入れたい食材です。 

画像2: 旬の山菜やハーブからミネラルやビタミン類をいただく

春のおすすめ献立例


ブロッコリースプラウトとグレープフルーツのサラダ
ビターレモンジャムトースト
コーヒー

画像1: 春のおすすめ献立例


モヤシのお好み焼き
ニンジン×ゴマの無限サラダ

画像2: 春のおすすめ献立例
画像3: 春のおすすめ献立例


黒いお寿司
キャベツと卵の和風炒め
ハマグリのお吸いもの

画像4: 春のおすすめ献立例
画像5: 春のおすすめ献立例

本稿は『春夏秋冬 疲れ取りごはん 心も体も軽くなる「食べ養生」大全』(KADOKAWA)の中から一部を編集・再構成して掲載しています。



This article is a sponsored article by
''.