【Wi-Fi】2.4Gヘルツと5Gヘルツの違いは?どっちを使えばいい?

WiFi

Wi-Fiには二つの周波数帯「2.4Gヘルツ」と「5Gヘルツ」がある。「5Gヘルツ帯」は使用される機器が少なく、他製品の電波と干渉しないのがメリット。また、高周波数帯であり通信速度も速いのが特徴だ。ただし、2.4Gヘルツ帯と違って、壁などの障害物があると電波が弱まってしまう性質がある。そのため、Wi-Fiルーターでは5Gヘルツ帯と2.4Gヘルツ帯の両方をカバーする製品がほとんどだ。

2.4Gヘルツとか5Gヘルツとかいうけど、何が違うの?

Wi-Fiでは「2.4Gヘルツ帯」と「5Gヘルツ帯」の二つの周波数帯を用いる。周波数帯とは、通信を行う際に使う電波の周波数の範囲のことで、携帯電話からテレビなどの放送、防災無線など用途ごとに割り当てられている。いわば、データの通り道のようなものだ。

「2.4Gヘルツ」は、壁や家具など障害物に強く、遠くまで電波が届きやすいのが特徴。Wi-Fiを使えるほとんどの機器が、この周波数帯に対応するのもメリットだ。一方で、低い周波数であり、通信速度はそこまで速くない。また、電子レンジなどが利用する周波数帯でもあり、Wi-Fiの電波と家電製品の電波が干渉し、通信の速度低下や切断が起きることもある。

「5Gヘルツ帯」は使用される機器が少なく、他製品の電波と干渉しないのがメリット。また高周波数帯であり、通信速度も速いのが特徴だ。ただし、2.4Gヘルツ帯と違って、壁などの障害物があると電波が弱まってしまう性質がある。そのため、Wi-Fiルーターでは5Gヘルツ帯と2.4Gヘルツ帯の両方をカバーする製品がほとんどだ。

2.4Gヘルツ帯と5Gヘルツ帯の違い

2.4Gヘルツ帯

対応機器が多く、ほとんどの製品で使える
壁や家具などの障害物に強い
通信速度が遅い

プリンター、白物家電、オーディオ、デジタルカメラ、キーボードなど

5Gヘルツ帯

対応機器が比較的少なく、電波の干渉が少ない
通信速度が速い
壁や家具などの障害物に弱い

ノートパソコン、スマホ、テレビ、レコーダー、ゲーム機など

■解説/小竹佑児(ライター)
※この記事は『今すぐつながる!Wi-Fi完全マスター塾』(マキノ出版)に掲載されています。

WiFi暮らし・生活・ペット知識
シェアする
特選街web編集部

1979年に創刊された老舗商品情報誌「特選街」(マキノ出版)を起源とし、のちにウェブマガジン「特選街web」として生活に役立つ商品情報を発信。2023年6月よりブティック社が運営を引き継ぎ、同年7月に新編集部でリスタート。

特選街web編集部をフォローする
特選街web

PR

大切な愛車を守る“最後の砦”!データシステム『カースティールブロッカー』で乗り逃げを阻止する!【盗難防止】[PR]
ひと昔前と比べれば減少傾向にはあるものの、依然として自動車盗難が各地で発生している。ここ数年の盗難被害台数は、1年間で5000台以上! なかでも、プリウス、ランクル、レクサスLX、アルファードなどのトヨタ車に盗難事例が集中している。大切な愛...

PRニュース