簡単な方法でおいしく作る「離乳食の作り方の基本」、手間なし離乳食には欠かせない「フリージングの基本」について紹介します。離乳食ならではの下ごしらえの方法や、離乳食作りにそろえたい調理グッズ、フリージングのためにそろえたいグッズについても、書籍『まねしてラクラク迷わない! 365日のフリージング離乳食』著者で管理栄養士の川口由美子さんに解説していただきました。

解説者のプロフィール

川口由美子(かわぐち・ゆみこ)

管理栄養士。一般社団法人 母子栄養協会 代表理事。母子栄養指導士。女子栄養大学生涯学習講師。小児栄養学研究室にて離乳食の研究をし、育児用品メーカーで離乳食やベビーフード開発に携わる。管理栄養士として独立後は、テレビ、雑誌、WEBなどで離乳食や幼児食のレシピ提案、コラム執筆などを行う。主な著書に『1週間分作りおき! フリージング離乳食 5カ月~1歳半』(大泉書店)、『赤ちゃんのための補完食入門』(彩図社)など多数。

本稿は『まねしてラクラク迷わない! 365日のフリージング離乳食』(西東社)の中から一部を編集・再構成して掲載しています。

簡単な方法でおいしく作る 離乳食の作り方の基本

米がゆなどの主食やだし、野菜スープなどはベビーフードを利用してもOK。
手作りに挑戦したいなら、簡単でおいしく作れる方法がおすすめです。

主食の作り方

米がゆ

鍋で米から作る

①米を洗って水にひたしておく
米はといで鍋に入れ、作りたいおかゆのかたさに合わせて水を入れ(下の水かげんの目安を参照)、30分ほどひたしておきます。

画像1: ▼鍋で米から作る

②ふたをして加熱、沸騰したら弱火に
ふたをして強火にかけ、沸騰したらふたを少しずらして弱火にし、20~30分加熱。火を止めてふたを戻し20~30分程度蒸らします。

画像2: ▼鍋で米から作る

電子レンジでごはんから作る

レンジ加熱してラップをかけてむらす
ごはんと水を耐熱容器に入れ、ふんわりとラップをして電子レンジで3~5分加熱。レンジから取り出したら、そのまま10分ほどむらします。

画像: ▼電子レンジでごはんから作る

すりつぶし方

つぶしがゆは、裏ごすほうがラク
ブレンダーが簡単ですが、なければすり鉢を使っても。つぶしがゆなら、すり鉢を使うより、裏ごし器で裏ごすほうがラクでしょう。

画像1: ▼すりつぶし方

離乳時期別・水かげんの目安

離乳時期 初期(5~6カ月ごろ)

形状
つぶしがゆ ヨーグルト状のなめらかさに

画像: 離乳時期 初期(5~6カ月ごろ)

鍋で米から
米1:水7 例)米大さじ2:水210㎖

鍋でごはんから
ごはん1:水3 例)ごはん大さじ2:水90㎖

電子レンジでごはんから
ごはん1:水2.5 例)ごはん大さじ2:水大さじ5

離乳時期 中期(7~8カ月ごろ)

形状
全がゆ 粒のやわらかいおかゆ

画像: 離乳時期 中期(7~8カ月ごろ)

鍋で米から
米1:水5 例)米1/2カップ:水500㎖

鍋でごはんから
ごはん1:水2 例)ごはん100g:水1カップ

電子レンジでごはんから
ごはん1:水2 例)ごはん100g:水1カップ

離乳時期 後期(9~11カ月ごろ)

形状
軟飯 少しやわらかいごはん

画像: 離乳時期 後期(9~11カ月ごろ)

鍋で米から
米1:水2 例)米1カップ:水400㎖

鍋でごはんから
ごはん1:水1 例)ごはん200g:水1カップ

電子レンジでごはんから
ごはん1:水2 例)ごはん150g:水150㎖

離乳時期 完了期(1才~1才6カ月ごろ)

形状
ごはん 大人と同じごはんでOK

画像: 離乳時期 完了期(1才~1才6カ月ごろ)

鍋で米から
米1:水1.2 例)米1カップ:水240㎖

本稿は『まねしてラクラク迷わない! 365日のフリージング離乳食』(西東社)の中から一部を編集・再構成して掲載しています。



This article is a sponsored article by
''.