UNIQUE関数は、指定した範囲に含まれるデータから重複を除いたものを取り出す関数。範囲内に1回しか登場しないデータを取り出すこともできるので便利な関数だ。ただし、Microsoft 365とエクセル2021のみの利用なので注意したい。

重複なしでデータを抽出!

表から重複を除いたデータを取り出したい

UNIQUE関数は、指定した範囲に含まれるデータから重複を除いたものを取り出す関数です。また、範囲内に1回しか登場しないデータを取り出すこともできます。この関数は、Microsoft 365とエクセル2021のみで利用できます。

UNIQUE文字列の任意の位置から指定された文字数の文字を取り出す
=UNIQUE(範囲,[検索方向],[回数]

セルE2に「=UNIQUE(A2:A11)」と入力すると、セルA2~A11の「生産者」から同じ名前が1回ずつ抽出される。

なお、ここでは第2引数の「検索方向」を省略したが、省略または「FALSE」と指定すれば下方向に検索される。「TRUE」とすれば右方向に検索される。

画像: 表から重複を除いたデータを取り出したい

1回だけ出現する値を取り出す

範囲に1回しか登場しないデータを取り出す場合は、第3引数の「回数」を「TRUE」と指定する。セルE2に「=UNIQUE(A2:A11,FALSE,TRUE)」と入力すると、セルA2~A11で1回だけ出てくる生産者の名前を抽出できる。

画像: 1回だけ出現する値を取り出す

複数列を指定することも可能

UNIQUE関数で、第1引数の「範囲」で複数列のセル範囲を指定すると、値の組み合わせから重複を除いたものを取り出すことができます。

セルE2に「=UNIQUE(A2:B11)」と入力した。列Aと列Bにわたる範囲を指定することで、生産者と商品名の組み合わせを重複なしで抽出できる。

画像: 複数列を指定することも可能

※この記事は『エクセルが2週間で身につく(楽)上達講座』(マキノ出版)に掲載されています。



This article is a sponsored article by
''.