シャープは、ここちよく暮らすための家電「PLAINLY」シリーズから、過熱水蒸気オーブンレンジの新製品として「RE-WF263」(26Lモデル)と「RE-WF233」(23Lモデル)の2モデルを発売した。いずれのモデルも、シンプルで使いやすいこだわりのデザインになっており、コンパクトサイズで、左右・後ろにピッタリ置きが可能だから、限られたスペースにもキレイに設置することができる。

シャープ
PLAINLY RE-WF263/RE-WF233

●実売価格:RE-WF263=6万6500円程度、RE-WF233=5万5000円程度

シンプル操作の過熱水蒸気オーブンレンジ

シャープは、ここちよく暮らすための家電「PLAINLY」シリーズから、過熱水蒸気オーブンレンジの新製品として「RE-WF263」(26Lモデル)と「RE-WF233」(23Lモデル)の2モデルを発売した。

画像: RE-WF263(ホワイト)

RE-WF263(ホワイト)

いずれのモデルも、シンプルで使いやすいこだわりのデザインになっており、コンパクトサイズで、左右・後ろにピッタリ置きが可能だから、限られたスペースにもキレイに設置することができる。

画像: シンプル操作の過熱水蒸気オーブンレンジ

機能面では、「らくチン!センサー」の搭載により、食品から発生する蒸気量で、食品内部の状態を見分けて、分量が変わっても自動で調理してくれる。1人分から4人分であれば、分量の設定が不要で、「らくチン1品」から、らくチン!メニュー(「らくチン!べジ」や「らくチン!煮物」など)を選んだら、あとはスタートボタンを押すだけととてもシンプルだ。

画像: 「らくチン!メニュー」で選んだら、あとは、スタートボタンを押すだけ

「らくチン!メニュー」で選んだら、あとは、スタートボタンを押すだけ

使用できる容器は「レンジ加熱可」の耐熱性であれば、ガラス製、プラスチック製のどちらでも使用でき、作り置きのおかずを作る際に、プラスチック容器で調理すれば、そのまま冷蔵庫に保存でき、洗い物も減らすことができる。

「RE-WF263」は、庫内容量が26Lタイプで、2段熱風コンベクション機能を搭載しているのが特徴のモデル。お菓子屋パンをたっぷり作れるだけでなく、おかずなど、3品同時調理も可能となっている。熱風が庫内全体に効率よく循環するから、シフォンケーキやローストチキンなどの大きな食材も焼きムラを抑えて素早く焼き上げられる。

画像: ロールパンは2段で24個調理が可能

ロールパンは2段で24個調理が可能

本体サイズは、「RE-WF263」が、幅487mm、奥行き450mm、高さ367mm、重さは。約18kg。レンジ出力は1000W・600W・500W・200W相当。掲載メニュー数は126(自動メニュー数は107)。総庫内容量(JISの規定に基づいて算出された容量)は26L(2段調理)。本体カラーは、ホワイトとブラックの2色を用意している。

一方、「RE-WF233」の本体サイズは、幅468mm、奥行き384mm、高さ338mm、重さは、約15kg。掲載メニュー数は56(自動メニュー数は62)。総庫内容量(JISの規定に基づいて算出された容量)は23L(1段調理)。本体カラーは、「RE-WF263」同様、ホワイトとブラックの2色を用意している。

画像: RE-WF233(ブラック)

RE-WF233(ブラック)

シャープ:PLAINLY RE-WF263 の公式サイト
PLAINLY RE-WF233 の公式サイト

※価格は記事作成当時のものです。



This article is a sponsored article by
''.