日本エイサーは、プロジェクターの新製品として4500ANSIルーメンの高輝度を実現した「X1328WH」を発売した。本機は、映し出したい映像や画像を高い輝度で明るくクリアに映し出すことが可能なモデルで、暗い部分もメリハリのある映像を楽しむことができる。

エイサー
X1328WH

●実売価格:5万7800円程度

4500ANSIルーメンの高輝度設計で、日中の室内でもクリアに投影できるプロジェクター

日本エイサーは、プロジェクターの新製品として4500ANSIルーメンの高輝度を実現した「X1328WH」を発売した。

画像: 4500ANSIルーメンの高輝度設計で、日中の室内でもクリアに投影できるプロジェクター

本機は、映し出したい映像や画像を高い輝度で明るくクリアに映し出すことが可能なモデルで、暗い部分もメリハリののある映像を楽しむことができる。

解像度はWXGA(1280×800)、輝度は4500ANSIルーメンと高く、日中の太陽光の入る部屋やオフィスでも明るくくっきりと映像を写し出すことができる。また、コントラスト比は最大20000:1と高く設計することで、暗い部分もメリハリのある映像を楽しむことができる。

さらに、3Dや2Dの投写コンテンツの色調整を自動で行い、鮮やかに写し出すAcer ColorBoost(エイサー カラーブースト)3Dテクノロジーや、映像のフレームを分析して最適な見え方に調整するAcer LumiSense(ルミセンス)テクノロジーといった独自機能を搭載している。

画像: ColorBoostオン/オフの比較イメージ

ColorBoostオン/オフの比較イメージ

ブルーライトシールド機能にも対応しており、ブルーライト低カット時では、色の変化を抑制し、ブルーライト高カット時では、高い―シールドレベルで目を保護してくれる。

画像: 写真左は、ブルーライト低カット時、写真右は、ブルーライト高カット時

写真左は、ブルーライト低カット時、写真右は、ブルーライト高カット時

映像のひずみにおいては、上下方向の映像のひずみを補正できる台形補正機能を搭載しており、最大で垂直40度まで補正することができるから、長方形の画面をキープすることが可能。また、重力センサーの搭載により、本機を天井に設置した場合でも、自動で向きを検知し、映像を180°回転させて上下の向きを正しく投写してくれる。

画像: 最大で垂直40度までの補正に対応する

最大で垂直40度までの補正に対応する

加えて、3D映像に対応したHDMI3D規格にも対応しており、すでに自宅にある3Dコンテンツ、再生プレイヤー、3Dメガネと組み合わせることで3Dで映像を楽しむことが可能となっている(3D映像を投写するには、別途対応する3Dコンテンツ再生プレイヤーと3Dメガネが必要)。

本機には、3Wスピーカーを搭載しているため、あえて外付けスピーカーを用意しなくても、映像とともに音声を楽しむことができる。インターフェースは、HDMI端子やVGA端子を搭載しているから、PCなどのデバイスとの接続も可能だ。

ランプの交換に便利なトップローディング機能も搭載しており、本体を天井から吊り下げた状態で設置した場合でも天井から降ろすことなくランプの交換が可能となっている。

本体サイズは、(約)幅313mm、奥行き240mm、高さ113.7mm、重さは、約2.8kg。投写画面サイズは、1~1.1mで30インチ、2~2.2mで60インチ、2.7~3mで80インチ、3.3~3.7mで100インチ、6.7~7.4mで200インチ。ランプ交換時間は、標準で6000時間、Ecoモードで1万時間、ExtremeEcoモードで1万5000時間となっている。付属品は、電源ケーブル、アナログ(ミニD-Sub 15ピン)ケーブル、リモコン、リモコン用電池(単4電池×2、試供品)、レンズキャップ、キャリングケース、セキュリティカード、クイックスタートガイドなど。

エイサー:X1328WHの公式サイト

※価格は記事作成当時のものです。



This article is a sponsored article by
''.